フェレットの換毛期はいつ?毛玉対策を紹介!

フェレットは、季節によって毛が生え変わる時期があり、この期間を「換毛期」と言います。今回は、フェレットの換毛期がいつ来るのかについてや、毛玉を誤飲する時の対策などを紹介します。

Sponsored Links

フェレットの換毛期はいつ?

フェレットの換毛期の目安・・・春(4~6月頃)と秋(9~11月頃)の年2回

フェレット,換毛期,いつ,毛玉,画像フェレットの換毛期は、徐々に暖かくなってくる春の時期と、段々と寒さが増してくる秋の時期の1年に2回訪れます。フェレットに限らず、犬や猫、ウサギなど毛が生え変わる動物のほとんどは、人間のように発汗によって体温を調節することが苦手です。そのため、夏毛と冬毛が生え変わることで季節による温度変化に対応しているのです。

フェレットの春の換毛期は4~6月頃、秋の換毛期は9~11月頃が目安ですが、換毛期が訪れる時期は非常に個体差があります。時には、目安の期間を過ぎてもなかなか換毛期が来ないこともあります。

フェレットの換毛期がいつまで経っても来ない理由は、温度管理の影響や日照時間を感じられない環境(体内時計が狂う)など、様々な要因が考えられますが、体調が心配な場合は、早めに獣医さんに相談してみると良いでしょう。

Sponsored Links

毛玉対策

フェレットの換毛期には、大量の抜け毛ができます。この時期に心配なのが、フェレットが毛づくろいしている時に、誤って抜け毛を食べてしまうことです。大量の抜け毛を飲み込んでしまうと、大きな毛玉になって体内で詰まらせてしまうことがあるので注意が必要です。

ブラッシング

ミニアニマン ウサギのビューティーグルーマー

フェレットの毛玉対策として有効なのがブラッシングです。換毛期にブラッシングすることで、不要な抜け毛を取り除いてあげましょう。

使用するブラシは、金属製のスリッカータイプのものが抜け毛を取りやすいのですが、ブラシがひっかかる感触を嫌がるフェレットが多いように思えます。そもそもブラッシング自体を嫌がるフェレットが多いです。

ですから、できるだけフェレットの負担にならないように、柔らかい素材のブラシを使うと良いと思います。ここで紹介している商品は、ウサギ用のブラシですがフェレットにも使えるものです。ラバータイプで柔らかく、手のひらに収まるサイズなので、フェレットを手で撫でている感覚でブラッシングできます。

Sponsored Links

抜け毛の排出をサポートするおやつ

SANKO フェレット・ヘアボールリリーフ

この商品は、フェレットが誤飲してしまった抜け毛を青パパイヤの成分によって柔らかくし、自然な排泄を促すというものです。ですから、決定的に毛玉詰まりを防ぐものではないのですが、フェレットの抜け毛が多い時期には、補助的に与えると良いと思います。

フェレットの換毛期は、毛が生え変わることによってエネルギーを消費する時期でもあります。この商品には、ビタミン類(A、D3、E)が含まれているので、栄養補給にも良いでしょう。

抜け毛の排出をサポートするおやつは、各メーカーで様々な商品が販売されていますが、どれも決定的に毛玉が詰まることを防ぐものではなく、自然な排便を促すものがほとんどです。ですから、換毛期のフェレットは、小まめなブラッシングと便のチェックが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

フェレットの掘る仕草と物を隠す理由

チンチラの大型ケージ4階建て!おすすめはフェレットケージで代用!

クラウンローチの成長速度と巨大化させるためにできる事

犬は褒めて育てる!褒めるタイミングを見逃していませんか?

猫が前足をたたむ・フミフミする・前足でチョンチョンするなど、前足に関する不思議な行動を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

小動物
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール