フェレットの掘る仕草と物を隠す理由

フェレットが前足で穴を掘る仕草や、お気に入りの物を隠す行動は、フェレットの祖先と言われているヨーロッパケナガイタチの習性に由来するものです。ヨーロッパケナガイタチの習性を踏まえた上で、フェレットの仕草の意味を解説していきます。

Sponsored Links

フェレットの掘る仕草

フェレット,掘る,物を隠す,仕草,画像2フェレットは、ヨーロッパ一帯に生息する野生種のヨーロッパケナガイタチを家畜化したことが始まりだと言われています。人間とフェレットの付き合いは長く、今から2000年以上前の古代ギリシャの時代からウサギ狩りのお供としてフェレットは役立っていました。

フェレットの祖先であるヨーロッパケナガイタチは、地中に空いた穴を寝床にする習性があります。アナグマが掘った巣穴を利用したり、自ら穴掘りをして隠れ家を作ることもあります。その名残りで、ペットとして飼育されているフェレットも穴を掘る仕草を見せることがあるのです。

ヨーロッパケナガイタチは複数の巣穴を持ち、狩りをしながら移動する習性があるので、穴掘りが大好きなフェレットは、カーペットを掘ったり、ソファーを掘ったりと、室内の様々な場所で掘る仕草をすることがよくあるのです。

Sponsored Links

ヨーロッパケナガイタチは、巣穴作りのために土を掘ることもありますが、地中に隠れたモグラやカエルなどの獲物を狩るために、穴掘りをすることがあります。食べ物の心配がないフェレットの場合は狩りをする必要がないので、本能的な遊びの一種として前足で掘る仕草をすると考えられます。

フェレットが物を隠す理由

フェレット,掘る,物を隠す,仕草,画像1フェレットをケージから出して、室内を散歩させていると、お気に入りのオモチャや好きな物を隠すことがよくあります。フェレットが咥えて持ち運べるくらいの大きさの物なら、何でも好きな物を隠します。

部屋の隅にフェレットのオモチャが詰まっていたり、カーペットの下から小物が見付かったり、フェレットは様々な物を隠す仕草を見せます。

フェレットの祖先であるヨーロッパケナガイタチは、食べ切れない獲物を複数の巣穴や隠れ家に隠す習性があります。一箇所に蓄えるのではなく、複数の場所に食べ物を分散することは、厳しい自然界で生き長らえる知恵なのです。

Sponsored Links

フェレットもフードを室内の様々な場所に隠すことがあります。室内散歩中に部屋の隅からバリバリと音がすると思ったら、隠したフードをフェレットが食べていることがあります。隠したフードは、放っておくと劣化しますし、持ち運ぶ際に一度はフェレットの口の中に入ったフードなので、古くなったフードは衛生的にもよくありません。

フェレットが隠したフードはすぐに処分して、これ以上隠さないようにフェレットの散歩中は、ケージ内にフードを置かないようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

フェレットがトイレ砂を掘る・食べる対策におすすめはコレ!

コアラがいる動物園一覧(関東・関西・中部・九州)日本で抱っこできるの?

犬とオモチャで引っ張りっこ!遊びなら学ぶ「オスワリ」の教え方

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

フトアゴヒゲトカゲを外で散歩させる前に知っておきたい事

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

小動物
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール