シマリスの温度管理!ベビーは高めに温度設定する!

今回は、シマリスの温度管理について紹介します。野生のシマリスは寒い季節になると冬眠しますが、ペットとして飼育しているシマリスは冬眠させないようにすることが基本です。また、ベビー期のシマリスはまだまだ未発達なため、高めに温度設定することがポイントになります。

Sponsored Links

シマリスの飼育に適した温度

生後2ヶ月までのベビーは26~28℃
生後2ヶ月以上は25℃前後

シマリス,温度管理,ベビー,画像生後2ヶ月までのベビー期のシマリスを飼育する場合は、26~28℃のやや高めに温度設定する必要があります。

ペットショップでベビー期のシマリスが流通する時期は5月頃です。この時期は季節の変わり目なので寒暖差が激しいです。ベビー期のシマリスは、まだ体ができておらず、温度変化によって体調を崩しやすいです。そのため、温度管理には十分の注意が必要です。

生後2ヶ月以上経った成体のシマリスであれば、多少の温度変化には対応できます。飼育書などには20~25℃が適温と書かれていることが多いですが、25℃前後がシマリスにとって最適な温度のように思えます。

シマリスは気温が10℃を下回ると冬眠することがあります。野生のシマリスは寒い季節になれば冬眠しますが、冬眠はシマリスにとって負担のかかる行為でもあります。ペットとして飼育しているシマリスは温度を25℃前後に保って冬眠させないようにしましょう。

Sponsored Links

シマリスの温度管理

シマリスの温度管理の方法は、エアコンを常に可動して室温ごと管理するのが最も良いと言えます。電気代がかかるという問題もありますが、シマリスを元気に育ててあげるためには、仕方がないことです。

アクリルケージであれば、ケージの下に敷くパネルヒーターや、ケージの上に設置する上部ヒーターを使ってケージを温めることができますが、シマリスに使用するケージは縦長のものが多く、温度管理が難しいです。ケージに吊るすタイプの保温球は周りが高温になるので、シマリスが触れると危険です。

夏の暑さを氷や保冷剤などで凌ぐという情報もあるようですが、水を入れたペットボトルを凍らせたものをケージ内に入れておいても、猛暑日には半日もしないうちに溶けてしまいます。保冷剤を使っても冷やせるのは周辺だけです。

Sponsored Links

ですから、シマリスの温度管理はエアコンを使うことが望ましいです。暑いからといってエアコンの風を直接ケージに当ててはいけません。

生後2ヶ月までのベビー期のシマリスであれば、エアコンを27℃に設定し、生後2ヶ月以上のシマリスであれば室温25℃に設定すると良いでしょう。湿度は60%前後が適正です。

Sponsored Links

おすすめの記事

シマリスが噛む!タイガー期の対処法を紹介!

シマリスの鳴き声の意味「キッ・ホロッ・グルルルル」一日中鳴くときは?

文鳥の羽繕いの意味!羽繕いが多い時は?

犬が靴や靴下を噛む理由!持っていく・持ってくる理由

猫のトイレ「砂飛び散り・臭い」対策

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

小動物
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール