カメレオンの餌の量と頻度!生きた虫以外は食べないの?

今回は、カメレオンの餌の量と頻度について紹介します。基本的にカメレオンに与える餌は昆虫です。生きた虫以外は食べないというわけではなく、慣れてくれば冷凍コオロギや乾燥ミルワームなども食べます。そもそも虫が苦手という方には、昆虫食爬虫類用の人工飼料を使うこともできますが、これについては少し気になる点があります。

Sponsored Links

カメレオンの餌の量と頻度

生後1年までの成長期のカメレオン

毎日食べられるだけ与える(生餌5匹くらい)

生後1年以上の大人のカメレオン

2~3日に1回与える(生餌5~10匹くらい)

カメレオン,餌の量,頻度,虫以外,食べない,画像3カメレオンに与える餌は、基本的には生きた昆虫になります。野生のカメレオンは木の上で生活しているため、蛾などの飛ぶ昆虫を好んで食べますが、ペットとして飼育しているカメレオンは、ペットショップなどで購入しやすい、コオロギやデュビア、ミルワームなどを生餌として与えるのが一般的です。

デュビアは森に生息する小型のゴキブリです。ミルワームはゴミムシダマシという甲虫の幼虫です。

ペットショップなどで販売される生餌は、季節的に流通が少なくなる時期があります。この時期では、冷凍コオロギや乾燥ミルワームなどが主流になります。

季節外れの生餌不足を解消するために、ペットに与える生餌を自分で育てるという方も少なくありません。生餌の中でも飼育が簡単だと言われているのが、デュビアです。デュビアはコオロギと比べて生命力が強く、コオロギのように鳴かないので、育てやすいと言えます。

Sponsored Links

生後1年にも満たない成長期のカメレオンの餌の量は、毎日食べられるだけ与えるのが基本です。とは言え、せいぜい生餌5匹程度でお腹いっぱいになります。

生後1年以上経った大人のカメレオンの餌の量は、生餌5~10匹くらいです。ただし、餌を与える頻度は2~3日に1回で十分です。

カメレオンは生きた虫以外は食べないの?

カメレオン,餌の量,頻度,虫以外,食べない,画像2カメレオンの飼育は、生きた昆虫を与えるのが基本です。慣れてくれば、冷凍コオロギや乾燥ミルワームも食べるようになります。

しかし、カメレオンを育ててみたいけど、虫が苦手という方もいらっしゃると思います。そのような方は、爬虫類用の人工飼料で育てることもできます。

ただし、カメレオンはペットであっても野性的な部分を残している動物です。個体によっては、人工飼料を全く食べない子もいれば、生餌から人工飼料に替えるまでに長い期間がかかる場合もあります。

カメレオン飼育で使われる人工飼料は、「レオパゲル(ヒカリ)」や「レオパブレンドフード(ジェックス)」などがあります。いずれも商品名に「レオパ」とあるように「レオパードゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)」の飼育でよく使われます。

Sponsored Links

どちらの人工飼料も商品説明欄に「昆虫食の爬虫類全般に使用できる」と記載されています。実際にカメレオンに人工飼料を与えている飼い主さんもいらっしゃるので、大きな問題はないように思えますが、個人的な見解として気になる点もあります。

「レオパゲル」はフードがゲル状になっているものです。「レオパブレンドフード」も、固形フードを水でふやかして与えるものです。フードの表面が濡れていると、カメレオンは舌を伸ばしてフードを取ることができません。ですから、飼い主さんがピンセットで摘まんだフードをカメレオンの口元まで近づけて食べさせるような与え方になります。

この与え方では、カメレオンは舌を使わずにフードを食べるようになるので、カメレオン特有の舌を使って獲物をとらえる食べ方ができないわけです。果たして、この餌の与え方がカメレオンにとって良いのだろうかという疑問が残ります。

やはり、カメレオンに与える餌は、生餌を中心に与えて、季節的に生餌不足の時期だけ冷凍コオロギや乾燥ミルワーム、人工飼料で補うというのが良いように思えます。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパの尻尾の太さの秘密!尻尾が細い理由とは?

フトアゴヒゲトカゲのベビー期の餌の量

シマリスの温度管理!ベビーは高めに温度設定する!

犬の留守番は何時間までが限界?長時間の留守対策はケージ・おもちゃ・トイレを配置!

猫の顔(目・耳・口・ヒゲ)で見分ける猫の気持ち

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール