フトアゴヒゲトカゲが水を飲まない!水分補給が心配な方必見!

ケージ内に水入れを設置しているのに、フトアゴヒゲトカゲが全く水を飲まないということがよくあります。そもそもフトアゴヒゲトカゲは、オーストラリアの乾燥地帯に生息するトカゲなので、頻繁に水を飲む動物ではありません。

とは言え、動物が生きていく上で水分補給は必要不可欠なことです。フトアゴヒゲトカゲはどのくらいの量の水分を必要としているのか、生息地の環境をもとに考えてみましょう。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲが水を飲まないのが心配

フトアゴヒゲトカゲ,水飲まない,水分補給,画像1世界中の爬虫類ファンから愛されているフトアゴヒゲトカゲですが、日本での認知度はまだまだ低く、飼育方法についても決して情報が多いとは言えません。そのため、飼育書などに餌の量の目安は記載されていても、適切な水分量については明確に記載されていることは少ないです。

ですから、フトアゴヒゲトカゲが水を飲まないでいると、水分補給の目安が分からずに心配になる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

もしも不安になるのであれば、野生のフトアゴヒゲトカゲが生息するオーストラリアの内陸部の気候を知っていると、心配が少なくなると思います。

Sponsored Links

野生のフトアゴヒゲトカゲが生息するオーストラリアの内陸部の気候

オーストラリアの内陸部には、「アウトバック(Outback)」と呼ばれる広大な乾燥地帯が広がっていて、沿岸に近くなるほど雨量が多く、人口も集中しているのが特徴です。比較的雨の多い沿岸部の都市でも年間降水量が東京の半分以下です。

野生のフトアゴヒゲトカゲは、オーストラリアの乾燥した内陸部に生息しています。この地域は、1ヶ月間で0~5日ほどしか雨が降りません。せっかく降った雨も30℃を超える気温ですぐに乾燥してしまいます。

周辺には、厳しい環境により成長が制限された背の低い木が点在し、乾燥に強い草がまばらに生えている状況です。辺りには川も無く、フトアゴヒゲトカゲが水分補給するためには、たまに降る雨を飲むか、植物を食べるか、昆虫を食べるかになります。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの水分補給

フトアゴヒゲトカゲ,水飲まない,水分補給,画像2野生のフトアゴヒゲトカゲが水を飲む頻度は、植物や昆虫から得る水分を除いて、おそらく水分補給をする機会は1ヶ月間に5日ほどしか降らない雨の日だけです。時期によっては雨が月に一度も降らないこともあります。

これらのことから考えると、飼育しているフトアゴヒゲトカゲが水を飲まないことが、それほど心配ではないことがイメージできると思います。

フトアゴヒゲトカゲに水を飲ませる方法は、温浴の際に水を飲んだり、スポイトで水を直接与える方法があります。温浴については、野生のフトアゴヒゲトカゲが水に入ることはないので、行うかどうかは飼い主さんの判断に委ねます。

スポイトを使ってフトアゴヒゲトカゲの口先に水を垂らす方法は、雨を飲んでいる状況に近いので良いように思えますが、野生のフトアゴヒゲトカゲが1ヶ月間に0~5日ほどしか雨が降らない環境で生きていることを考えると、水を飲まないからと言って毎日スポイトで飲ませる必要性は低いように思えます。

フトアゴヒゲトカゲが野菜や生餌を食べることで水分補給ができているのであれば、それほど心配することではないので、スポイトで水を直接与えるのは、補助的に行う程度で十分だと思われます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの紫外線ライトの時間は?バスキングライトの種類を紹介!

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!

子犬の甘噛みはいつまで?甘噛みを止めない理由や意味、止めさせるしつけを紹介!

猫を飼いたい人必見!猫を飼って後悔しないために知っておく事

インコの遊び方!喜ぶ遊び道具やおすすめのおもちゃを紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール