フトアゴヒゲトカゲの色が変わる3つの理由

フトアゴヒゲトカゲの体色が変わる主な理由は、「感情」「温度」「脱皮」の3つが考えられます。フトアゴヒゲトカゲは、怒りなどの感情の変化によって顎の下が黒くなったり、温度の変化が影響して体色が変わったりします。また、脱皮の時期には、体全体が白っぽくなることもあります。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの色が変わる3つの理由

発情期や怒りによって体色が変わる

フトアゴヒゲトカゲ-口を開ける-理由-威嚇-画像フトアゴヒゲトカゲのオスは、発情期になると顎の下から腹部にかけて体色が黒くなります。この時期のオスは、メスのフトアゴヒゲトカゲを見掛けると、「ボビング」と呼ばれる頭を上下に動かす仕草を見せるようになります。

また、フトアゴヒゲトカゲは、威嚇する時も顎の下が黒くなることがあります。それと同時に顎を膨らませて怒りをあらわにします。

怒りや不満など感情の影響で体色が変わる度合いは個体差があり、フトアゴヒゲトカゲによっては口を開ける、顎を膨らますなどの威嚇行動はあっても、顎の下の体色変化が見られない個体もいます。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲが頭を上下に振るなどの仕草については、以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

フトアゴヒゲトカゲが腕を回す・頭を上下に振る意味
フトアゴヒゲトカゲは頻繁に鳴く動物ではないので、体の動きで気持ちを伝えようとします。その代表的な仕草が「ボビング(頭を上下に振る)」と「アームウェービング(腕を回す)」です。今回は、この2つの仕草に込められた意味について紹介します。

温度によって体色が変わる

フトアゴヒゲトカゲは、温度が上がると体色が明るい色に変わり、温度が下がる体色が暗い色に変化するという性質があります。

温度変化によってフトアゴヒゲトカゲの体色が変わる理由については、まだはっきりと解明されていません。一説によれば、温度が下がると熱を吸収しやすくするために体色を黒くするという考えもあるようです。

日向で日光浴をすることで体色が明るい色に変わり、岩陰でクールダウンすることで体色が暗い色に変化するので、結果的な効果ではありますが、周囲の風景に溶け込んで天敵から身を守る「カモフラージュ(擬態)」としても機能するのではないかと推測できます。

因みに、フトアゴヒゲトカゲは、周囲の明るさや色味ではなく、温度変化に反応して体色が変わります。また、発情期や怒りなどで黒く変化する、フトアゴヒゲトカゲの顎の下から腹部にかけては、温度変化によって体色が変わることはありません。

Sponsored Links

脱皮によって体色が変わる

フトアゴヒゲトカゲは、脱皮の時期に古い角質が浮かび上がることで、体色が白っぽく鈍い色に変わることがあります。

フトアゴヒゲトカゲの皮膚は、タンパク質の一種であるケラチンで形成されています。皮膚の細胞からケラチンが過剰に分泌されることで、細胞が死滅し硬い表皮が出来上がります。

フトアゴヒゲトカゲに限らず、脱皮の習性がある爬虫類や両生類は、ケラチンの分泌が弱まる時期があります。これによって生きている皮膚細胞と死滅した細胞の表皮との間に隙間ができ、古い角質がまとまって剥がれ落ちるのが脱皮の仕組みです。

因みに、人間の皮膚もケラチンで形成されていて、古い角質が剥がれ落ちる原理は同じです。ただし、人間の場合はケラチンの分泌が弱る時期がないので、古い角質は細かい垢となって剥がれ落ちます。つまり、言い方を変えると、フトアゴヒゲトカゲの脱皮は、人間で言う垢のようなものなのです。

フトアゴヒゲトカゲの脱皮については、以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

フトアゴヒゲトカゲの脱皮前・脱皮中の注意点!頻度を記録しておこう!
今回はフトアゴヒゲトカゲの脱皮前の状態や、脱皮中の注意点などを紹介します。フトアゴヒゲトカゲは、毎回同じくらいの頻度で脱皮を繰り返します。飼育しているフトアゴヒゲトカゲの脱皮の頻度を記録しておくことで、健康状態を知る手掛かりになります。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲが掘る理由!床材を穴掘りするのはなぜ?

レオパは壁を登るの?ヤモリとの違いは?

デグーとハムスターの違い(寿命・食事など)

子供がいる家庭で犬を飼う場合の注意点

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール