エビを食べる熱帯魚の種類は?

ミナミヌマエビやヤマトヌマエビなどの小型のエビは、水槽のメンテナンス生体として熱帯魚と一緒に飼育することが一般的です。しかし、小型のエビだけが、いつの間にか水槽の中からいなくなっていることがよくあるのです。

水槽内からエビが消える原因は、水質悪化など様々なことが考えられますが、そもそもエビを食べる熱帯魚がいるということも理由の1つとして挙げられます。

Sponsored Links

ほとんどの熱帯魚はエビを食べる

エビを食べる熱帯魚,画像1熱帯魚の種類によっては草食性の強い魚もいますが、ほとんどの熱帯魚は肉食性または雑食性です。ですから、熱帯魚の多くはエビを食べると言って良いでしょう。

総合的な熱帯魚の人工餌には、原材料にシュリンプミール(エビを粉状にしたもの)が含まれていることがあるので、知らず知らずのうちに熱帯魚がエビを食べて成長しているものです。

ただし、小型の熱帯魚は大きく育ったエビを食べることは難しいので、食べるとしたら産まれたばかりの稚エビを捕食します。

熱帯魚の種類によっては、肉食傾向が強く攻撃的な性格の魚もいるので、ある程度成長するとミナミヌマエビやヤマトヌマエビなどを食べることがあります。

Sponsored Links

肉食傾向の強い熱帯魚の種類「シクリッド」とは?

エビを食べる熱帯魚,画像2シクリッドとは、スズキ目ベラ亜目シクリッド科(カワスズメ科)に分類される魚の総称で、熱帯魚でも人気の種類が多く存在します。たとえば、エンゼルフィッシュ、ディスカス、ラミレジィ、アストロノートゥス(オスカー)などが挙げられます。

ディスカスと小型エビを同じ水槽で飼育するということは無いと思いますが、エンゼルフィッシュやラミレジィだったら、同じ水槽内にミナミヌマエビやヤマトヌマエビなどがいることは有り得るのではないでしょうか。

シクリッド科に属する魚は、肉食傾向が強く攻撃的な性格なので、ある程度体が大きくなったエンゼルフィッシュなどは、小型のエビを食べることがあります。

Sponsored Links

ミナミヌマエビやヤマトヌマエビなどはコケ取り生体として水槽に入れることが多いですが、シクリッド科の熱帯魚と一緒に飼育していると、コケ取り要員の役割を果たさずに、いつの間にか消えていることがあるわけです。

ただし、エンゼルフィッシュやラミレジィでも、まだまだ成長途中の小さな熱帯魚であれば、1cm以上のエビを食べるのは難しいです。

また、産まれたばかりの稚エビを食べる熱帯魚がいないと、どんどんエビが繁殖して飼育に困ることもあるので、生体同士のバランスが大切になります。

Sponsored Links

おすすめの記事

クラウンローチの成長速度と巨大化させるためにできる事

レオパの多頭飼い!同じケージで同居可能はメス同士とオス同士のどっち?

フトアゴヒゲトカゲの色が変わる3つの理由

犬が靴や靴下を噛む理由!持っていく・持ってくる理由

猫が冷蔵庫の上・炊飯器の上に乗る理由と対策!キーボードに乗るのは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール