ウサギが背中に乗る意味や膝に乗ってくる理由とは?

懐いているウサギであれば、飼い主さんの背中に乗ることや、膝に乗ってくることもあると思います。その行動をウサギが楽しんでいるのであれば微笑ましい光景ですが、ウサギが上に乗る行為は自分の優位性を主張する意味で行うこともあります。

Sponsored Links

ウサギが背中に乗る意味や膝に乗ってくる理由とは?

習性的な理由

ウサギ,背中に乗る,意味,膝に乗ってくる,理由,画像1野生下のウサギは、段差の多い野山を跳び回って移動するので、飼育下のウサギでも目の前に段差があれば、たとえ飼い主さんの体の一部でも上に乗ってみたいと思うのは自然な欲求と言えます。

ウサギの性格は個体差がありますが、中には高い所が好きな個体もいます。ハウスの上に乗って、高い所から周辺の様子を伺う仕草を見せることもあります。

ウサギが寝そべっている飼い主さんの背中に乗ることや、座っている飼い主さんの膝に乗ってくることは、その行動自体をウサギが楽しんでやっている分には良いと思います。そもそもウサギが飼い主さんを信頼しているからこそ、体の上に乗ることができるわけです。

しかし、体の上に乗ることによって、ウサギが飼い主さんよりも上位の存在であることを示している場合もあります。

Sponsored Links

優位性を示す「マウンティング」

ウサギが他のウサギの上から覆いかぶさるように乗る行為を「マウンティング」と言います。これは、発情期のオスがメスに対して行う求愛の行動ですが、その他にも縄張りを主張する際に自分の優位性を示す意味でも行います。

ウサギをケージから出して部屋んぽさせると、ウサギの縄張り意識は部屋の空間まで広がっています。そのため、同じ室内にいて気の許せる飼い主さんを、いつしか縄張り争うの相手としてウサギが意識していく可能性ができてます。

寝そべっている飼い主さんの背中に乗ることで、ウサギが自分の優位性を示す時は、背中からウサギをどけようとすると、鼻先で押し返して抵抗したり、衣類を噛んだり、むしろ飼い主さんの方が邪魔だと言わんばかりの仕草を見せます。

座っている飼い主さんの膝に乗ってくる時も、ウサギが自分の優位性を示す場合は、同じように攻撃的な行動を見せます。

Sponsored Links

無駄なマウンティング行為を止めさせる方法

ウサギ,背中に乗る,意味,膝に乗ってくる,理由,画像2ウサギが発情期であれば一時的な苛立ちが反映して、飼い主さんにマウンティングしている場合もあります。日常的にウサギが飼い主さんの背中や膝の上に乗ってくる場合は、ウサギの様子を見て、優位性を意味するマウンティングかどうかを判断することができると思います。

いずれにせよ、ウサギがマウンティングする時は、興奮状態である場合が多いです。このような時のウサギは自分の要求が通らないと、さらにエスカレートしていく傾向があるので、まずは、一旦ウサギをケージ内に戻して落ち着かせると良いでしょう。

無駄なマウンティング行為をしたらケージに戻すを繰り返すことで、ウサギは欲求が通らないことを認識し、次第に自分の優位性を主張することも減っていくことでしょう。

また、ウサギをサークル内で部屋んぽさせることで、ウサギの縄張り(サークル内)と飼い主さんの生活空間を分けることで、ウサギの縄張り意識を和らげることが期待できます。

ラビットサークル

ジェックス ラビットサークルH65 モダンリビング シルバーカラー 幅50×高さ65cm(6枚入り)

Sponsored Links

おすすめの記事

ウサギが嫌がる音と嫌いな匂い

ハムスターの多頭飼い!同じケージで同居可能な種類と成功させるコツ

エビを食べる熱帯魚の種類は?

初めて犬を飼う(犬種・準備・費用)初心者でも飼いやすい犬ランキングを紹介!

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ウサギ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール