ウサギが嫌がる音と嫌いな匂い

ウサギの聴覚は、人間よりも2倍以上の高音域の周波数を聞き取れることができ、ウサギの嗅覚は、人間よりも10倍以上も嗅ぎ分ける能力があると言われています。そんな優れた能力を持っているがゆえに、人間にとっては問題のない音や匂いでも、ウサギにとっては嫌がる音だったり、嫌いな匂いになってしまうことが多々あります。

Sponsored Links

ウサギが嫌がる音

ウサギ,嫌がる音,嫌いな匂い,画像2ウサギの耳は高い音を聞き取る能力に優れており、約42,000ヘルツの高音域の周波数を聞き分けることができると言われています。人間の耳が聞き取れる音域は、約17,000ヘルツと言われているので、それぞれを比較するとウサギの聴覚がどれほど優れているのかが分かります。ただし、低音域を聞き取る能力は、ウサギよりも人間の耳の方が優れていると言われています。

ウサギの耳が高音を聞き分ける能力に優れているのは、天敵である猛禽類の鳴き声が高音であることが理由で、ウサギの聴覚が発達したと考えられています。そのため、ウサギにとって高い音は恐怖心を伴う不快な音でもあるのです。

ウサギの性格は個体差があるので嫌がる音も様々ですが、たとえば、金属製の食器や鍋などを洗う時に出る高い音や、ピアノの高い音や、掃除機で吸い込む時に出る高い音などをウサギが嫌がることがあります。意外なケースでは、金属製のジッパーを閉める時に出る高い音が嫌いなウサギもいます。

その他には、ウサギに何らかのトラウマがあって嫌がる音もあります。爪切りが苦手なウサギは、飼い主さんが自分の爪を切っている音に対して警戒することもあります。

Sponsored Links

ウサギが嫌いな匂い

ウサギ,嫌がる音,嫌いな匂い,画像1ウサギが嫌いな匂いは個体差がありますが、基本的に腐敗臭に似た臭いを嫌がる傾向があります。たとえば、生ゴミの臭いや魚介類の生臭いものを嫌がるウサギは多いです。

その他には、焼き肉が焦げる臭いが嫌いなウサギもいますし、マニュキュアを塗った直後の刺激臭を嫌がるウサギもいます。ウサギと一緒に犬を飼育している場合は、犬を撫でた後についた獣臭を嫌がるウサギもいます。

これらのことから考えると、ウサギが嫌いな匂いは、腐敗した食べ物を思わせるような悪臭と、天敵を想像させるような獣臭を嫌う傾向があると考えられます。

Sponsored Links

ウサギの嗅覚は人間よりもはるかに優れているので、人の嗅覚では判断することは難しいですが、ウサギが嫌う腐敗臭やマニュキュアを塗った直後の匂いや獣臭などは、鼻につんとくる刺激臭という共通点があります。ウサギは、人間の嗅覚では及ばない臭いも嗅ぎ取って、敏感に反応しているのかもしれません。

Sponsored Links

おすすめの記事

ウサギの毛の色が変わるのは換毛期

ウサギが鼻でつつく理由は?人の手を鼻で押す気持ちとは?

インコの反抗期の期間と接し方

フクロモモンガの「部屋んぽ」と「蚊帳んぽ」おすすめはどっち?散歩の時間はどのくらい?

日本でパンダがいる動物園は?全国に何頭いるの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ウサギ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール