ウサギが鼻でつつく理由は?人の手を鼻で押す気持ちとは?

ウサギが、飼い主さんの手や足を鼻でつつく動作、通称「鼻つん」は、ペットとして飼育されているウサギによく見られる仕草です。撫でてほしのかなと思い、ウサギを手で触ろうとするとなぜか逃げてしまったり、そのまま放っておくと物にあたって急に暴れ出したり、ウサギの気持ちはなかなか分かりにくいものです。

しかし、ウサギの行動には何らかの理由があることが多いので、ウサギが鼻でつつく仕草も何かを飼い主さんに伝えたいのかもしれません。今回はウサギが鼻で飼い主をつつく、または鼻で押す仕草から考えられる気持ちについて解説していきます。

Sponsored Links

ウサギの挨拶

ウサギ 頭こすりつける 画像2ウサギ同士が鼻をつけ合う仕草は、ウサギの挨拶の仕方です。お互いのにおいを確かめ合うように鼻を近づけたり、時には舐めてあげることもあります。

何度も鼻をつけるのは仲良しの証拠です。顔を押し付け合うこともあります。このウサギ同士の仕草から考えられるように、ウサギが飼い主さんのことを鼻でつつく理由の1つとして、挨拶であったり、愛情表現であることが考えられます。

ただし、ウサギの気持ちは、その仕草を見せる前後の行動を踏まえて考えないと分かりにくいものです。状況によっては、ウサギが鼻でつつく行動が何かを要求しているのかもしれません。

Sponsored Links

ウサギが鼻でつつく時は何かを要求していることが多い

ウサギ-鼻でつつく-理由-鼻で押す-気持ち-画像1ウサギが飼い主さんの手や足に、鼻を押し付けてつんつんとつつく仕草をする時は、飼い主さんに何かを要求していることが多いです。

その理由はウサギが思う欲求の数ほどありますが、たとえば、「食べ物が欲しい」「構ってほしい」「ケージから出たい」などが、頻度の高い理由だと言えます。

ウサギは声帯が発達していないため、犬や猫のように鳴き声で気持ちを伝えることが困難な動物です。そのため、鳴き声にかわって行動で自分の感情を表します。ですから、ウサギが鼻でつつく仕草を見せた前後の行動もよく観察して、ウサギの気持ちを察してあげる必要があるのです。

ウサギが鼻つんする理由1:食べ物がほしい

ウサギに限らず、動物が抱く欲求で最も代表的なものが食欲です。ですから、ウサギが飼い主さんの手や足に鼻を押し当ててつつく理由として、真っ先に考えられる欲求は「食べ物がほしい」という気持ちです。

食べ物を要求しているウサギを、そのまま放置すると、自分の要求が通らなかったために、行動で苛立ちを表すことがあります。

最も分かりやすいウサギの行動は、要求が通らなかった苛立ちから、それに関連する物に八つ当たりをすることがあります。たとえば、いつも食事の際に使っている食器を口でくわえて投げたりすることがあります。

ただし、ウサギが食べ物を要求しているからといって、過剰に与えてしまうと太ってしまうので注意が必要です。ウサギの食事量は、与えているフードに記載されている適量を守るようにしましょう。

ウサギが鼻つんする理由2:構ってほしい

ウサギ-鼻でつつく-理由-鼻で押す-気持ち-画像2ウサギがなんとなく時間をもて余している時に、飼い主さんに構ってもらいたくて、ウサギが鼻でつついてくることがあります。その理由が体を撫でてほしいのか、それとも遊んでほしいのか、その時の気分で変わるものです。

そんな時はウサギを優しく撫でてあげて、さらに要求するようでしたら、飼い主さんの時間の許す限りウサギが気が済むまで遊んであげると良いでしょう。ウサギは自分の要求が通らない時には、後ろ足で地面を強くダンッダンッと踏み鳴らして猛抗議することがあります。これはウサギによく見られるスタンピングという仕草で、通称「足ダン」と言われている行動です。

まだ飼い始めたばかりで、ウサギが飼い主さんの手に慣れていない場合は、撫でようとした瞬間に逃げてしまうこともあります。そもそも自然界でのウサギは、鷹や鷲などの猛禽類から狙われる立場にある弱い動物です。そのため警戒心が強いので、飼い主さんがウサギの頭の上から急に撫でようとすると逃げてしまうことがあるのです。

まだ慣れていないうちは、ウサギの視線と同じくらいの高さからゆっくりと手を近づけていって、手の甲で優しく撫でてあげましょう。ウサギが飼い主さんに慣れていない場合は、手のひらで撫でようとすると逃げてしまうことがあるので気を付けましょう。

Sponsored Links

ウサギが鼻つんする理由3:ケージから出たい

ケージ内またはケージ越しのウサギが鼻でつつく時は、ケージから出たいと要求しているのかもしれません。もっと分かりやすい動作としては、ウサギがケージを噛んで揺さぶることで、飼い主さんに自分の気持ちを伝えようとすることもあります。

一度ケージの外に出たことのあるウサギは、自分のテリトリーがケージの外の空間まで広がっているので、定期時にケージの外に出て、何か変わったことがないかを確認したくなるものです。

今回の記事では、飼い主さんの手や足をウサギが鼻でつつく理由として代表的なものを3つ紹介しましたが、その他にも様々なことが考えられます。ウサギが鼻で押す仕草をした時には、その前後の行動をよく観察してウサギの気持ちを推測してあげましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

ウサギが急に走る突然暴れる理由

ウサギの糞を肥料にする方法!大量の糞が家庭菜園に役立つ!

ハムスターが回し車で走る理由は?一晩で走る距離や速度はどのくらい?

猫は夜に電気を消してもOK!寝ないで暴れる理由と対策

犬が穴を掘る理由と対策

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ウサギ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール