ウサギの毛づくろいの意味と気持ち!人に毛づくろいしてくれる時は?

今回は、ウサギの毛づくろいの意味と気持ちについて紹介します。ウサギが前足をクシュクシュと擦り合わせて顔を洗う仕草は、なんとも可愛らしい光景です。

綺麗好きなウサギは、一心不乱に毛づくろいに夢中になります。時には寝ている飼い主さんの髪の毛を毛づくろいしてくれるウサギもいるようです。

Sponsored Links

ウサギの毛づくろいの意味と気持ち

毛のお手入れ

ウサギ 毛づくろい 画像1ウサギの毛づくろいの本来の意味は毛のお手入れです。ウサギは前足を上手に使って、顔や耳、体など自分が納得がいくまで、毛を綺麗にします。時には、飼い主さんがウサギに触った後に、自分で毛づくろいをして毛並みを整えることもあります。

ウサギはとても綺麗好きな動物で、毛づくろいをする前に前足を擦り合わせて汚れを落としてから、毛づくろいを始めるのが特徴です。この仕草は、清潔な部屋で飼育されているウサギでも見ることができます。

Sponsored Links

気持ちを落ち着かせる

ウサギ 毛づくろい 画像2ウサギが聞き慣れない音を聞いた後や、見慣れない物や人を見た後などに、一旦自分の気持ちを落ち着かせる意味で、ウサギが毛づくろいをすることがあります。ウサギの毛づくろいは習慣的なものなので、いつもやっている行動をすることでホッと一息つくという状態です。

ウサギの毛づくろいの意味は本当に臭い消しなのか?

ウサギは天敵から身を守るために、毛づくろいをすることで自分の臭いを消しているという情報を、ネット上で見かけることがありますが、本当にウサギは臭い消しのために毛づくろいをするのでしょうか。

そもそも毛づくろいで自分の臭いが消えるのかというのも疑問が残ります。デグーやチンチラなどが行う砂浴びだったり、小鳥などが行う水浴びであれば、臭いが多少は消えるのかもしれませんが。

ウサギ以外の動物で考えてみると、むしろ、毛づくろいは臭いを付けるために行うことが多いです。動物には臭い成分を分泌させる臭腺があり、毛づくろいをすることで臭いを体全体につけることがあります。

ウサギは顎の下に臭腺があり、この部分をオモチャや家具、時には飼い主さんに擦り付けて自分のテリトリーを主張します。ウサギは天敵の猛禽類などに狙われる弱い動物というイメージがあるかもしれませんが、ウサギのオス同士には序列がある一夫多妻制なので、他のオスを寄せ付けないために縄張り意識が強い動物でもあります。

Sponsored Links

ウサギが飼い主さんに毛づくろいしてくれる時は?

ウサギの毛づくろいは、コミュニケーションのひとつでもあるので、飼い主さんに毛づくろいしてくれる時は、信頼の気持ちだったり、何らかの要求を意味していることが考えられます。

また、何となく時間をもて余していて、目の前にある毛を毛づくろいしてみたくなったということも考えられます。そんな時は、飼い主さんに遊んでもらいたい、かまってもらいたいという気持ちもあるかと思いますので、ウサギを優しく撫でてあげると良いでしょう。

ウサギが、寝ている状態の飼い主さんの髪の毛を毛づくろいしてくれることがあります。また、飼い主さんがフリースなどの毛がモコモコした衣類を着ている時は、その衣類の毛にウサギが毛づくろいをすることがあります。

衣類には人工繊維が使用されている場合があるので、ウサギが毛を飲み込まないように毛づくろいを止めさせた方が無難です。

Sponsored Links

おすすめの記事

ウサギの鳴き声の種類と意味「ブウブウ・キュウキュウ・キーキー・プップッ」

ウサギの糞を肥料にする方法!大量の糞が家庭菜園に役立つ!

ウサギが急に走る突然暴れる理由

モルモットの毛が長い種類

コアラがいる動物園一覧(関東・関西・中部・九州)日本で抱っこできるの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ウサギ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール