フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!

フトアゴヒゲトカゲに与える餌は、昆虫や野菜、人工フードなどがありますが、フトアゴヒゲトカゲの成長段階によって、餌を与える量や頻度が異なります。今回は、ベビーサイズから成長期のフトアゴヒゲトカゲの餌代の目安と、成長が落ち着いた成体期のフトアゴヒゲトカゲの餌代の目安を紹介します。

Sponsored Links

成長に伴い昆虫より野菜を食べる頻度が高まる

フトアゴヒゲトカゲ 木の上 画像フトアゴヒゲトカゲの餌は、育ち盛りの成長期には昆虫を中心に与え、成長が落ち着いて成体期になるにつれて野菜を中心に与えるのが一般的です。ベビーから成長期のフトアゴヒゲトカゲの餌は、コオロギやデュビアなどの昆虫を与える頻度が高く、ある程度成長した成体期のフトアゴヒゲトカゲの餌は、小松菜や豆苗などの野菜を与える頻度が高くなります。

この成長過程で人工フードにも慣らしておくと、その後の飼育が楽になります。人工フードには昆虫や野菜の他にフトアゴヒゲトカゲの成長に必要な栄養がバランス良く含まれています。補助的にカルシウム剤やマルチビタミン剤などを加えていれば、人工フードだけでも飼育が可能です。

Sponsored Links

成長期のフトアゴヒゲトカゲの餌代の目安(全長30cm以下)

昆虫(デュビアの生き餌)の毎月の餌代の目安・・・750円程度
小松菜の毎月の餌代の目安・・・270円程度
合計・・・1020円程度

成長期のフトアゴヒゲトカゲには、昆虫を中心に与えます。与える昆虫はコオロギやデュビア、ミルワームなどがありますが、ここではデュビアの生き餌を1日5匹与えた場合の代金を算出していきます。

デュビアはゴキブリの一種で、生き餌としてペットショップや通販などで販売されています。サイズによって値段が異なりますが、5~10円程度です。まだ体の小さいフトアゴヒゲトカゲは、大きいサイズのデュビアを食べられないので、小さいサイズのデュビアの価格として5円で計算すると、1日5匹与えると25円かかるので、毎月のデュビアの代金は750円が目安になります。

フトアゴヒゲトカゲの成長に伴い、徐々に野菜を与えるようになります。与える野菜は、小松菜や豆苗、インゲン、オクラ、カボチャ、ニンジンなどがありますが、ここではフトアゴヒゲトカゲに与える野菜として最も一般的な、小松菜の代金を算出していきます。

成長期のフトアゴヒゲトカゲには、小松菜の葉を1日に1枚ほど与えます。小松菜1束の平均価格は111円です。小松菜1束には葉が12枚ほどあるので、1日に与える小松菜の葉1枚の金額は約9円ほどです。ですから、毎月の小松菜の代金は270円程度になります。

成長期のフトアゴヒゲトカゲが食べる餌の量は非常に個体差がありますが、デュビアと小松菜の毎月の餌代を合わせて1020円程度が目安です。

Sponsored Links

成体期のフトアゴヒゲトカゲの餌代の目安(全長30cm以上)

昆虫(デュビアの生き餌)の毎月の餌代の目安・・・25円程度
小松菜の毎月の餌代の目安・・・144円程度
合計・・・169円程度

フトアゴヒゲトカゲの成長が落ち着いてくる成体期の餌は、野菜を中心に与えて、昆虫はおやつ程度に止めておくのが一般的です。全体的に餌を与える頻度も低くなります。

主食となる野菜を与える頻度は数日おき程度で十分です。1回の食事で与える小松菜の葉は2枚ほどで、週に2回程度与えるとすると、小松菜2枚が18円で1ヶ月に8回の食事の計算になるので、毎月の小松菜の代金は144円程度になります。

成体期のフトアゴヒゲトカゲには、1ヶ月に1回ほど昆虫を与える程度なので、1回に5匹のデュビアを与えるとして、毎月のデュビアの代金は25円程度が目安になります。ただし、個体によっては、成体期になっても昆虫ばかり食べるフトアゴヒゲトカゲもいるので、一概には言えません。成体期に入ってから昆虫を食べ過ぎると栄養過多になりやすいので、一般的な飼育方法としては好まれない。

人工餌にすると飼育が楽になる

フトアゴヒゲトカゲ 日光浴 画像昆虫が苦手な方や、野菜を準備するのが大変という方には、人工餌がおすすめです。各メーカーごとに含まれる成分は異なりますが、基本的には人工餌のみで飼育が可能です。

ただし、個体によってはなかなか人工餌を食べてくれないフトアゴヒゲトカゲもいます。フトアゴヒゲトカゲは素早く昆虫を捕まえるほど目は良いのですが、それに比べて嗅覚はあまりよくないと言われています。ですから、見た目で餌だと分からないものを食べようとしないことがよくあります。成長期のうちから人工餌に慣らしておくことが大切です。

おすすめの人工餌

フトアゴヒゲトカゲの昆虫ブレンドフード 250g 昆虫原料35%使用 高嗜好性

補助的にカルシウムとマルチビタミンを加える

栄養補助としてフトアゴヒゲトカゲの食事に、カルシウム剤やマルチビタミン剤を加えることも一般的です。

フトアゴヒゲトカゲに餌として与える昆虫や野菜に、カルシウムやビタミン類を含んだパウダーを振りかけて食べさせます。

カルシウム

カルシウム VITD3 40g PT1855

マルチビタミン

ジェックス マルチビタミン 30g PT1860

フトアゴヒゲトカゲの餌代を抑える方法

フトアゴヒゲトカゲの餌代は、補助的なカルシウムやマルチビタミンなどを加えても、毎月の餌代が数千円ほどしかかかりませんが、特に成長期に与える昆虫の代金がかかることがあります。

昆虫が苦手な方でない場合は、コオロギやデュビアを自分で繁殖させるとフトアゴヒゲトカゲの餌代を抑えることができます。オスメスをプラケースに入れて、昆虫の餌は不要になった野菜の切れはしで十分です。後はほとんど放置で繁殖します。コオロギは鳴き声がうるさいので、デュビアの方が飼育が楽です。

フトアゴヒゲトカゲが成長するに従って、野菜を食べる頻度が多くなります。野菜は季節や気候の変化によって値段が高騰することがあります。フトアゴヒゲトカゲに与える野菜を家庭菜園で自分で育てることで、餌代を抑えることができます。

プランターなどで小松菜を栽培したり、豆苗を水栽培したりするなどして、フトアゴヒゲトカゲの餌代を抑えることができます。1度葉の部分を切り取った豆苗でも、根の部分を水に浸けておけば、また葉が生えてきます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲが口を開ける理由

フトアゴヒゲトカゲの脱皮前・脱皮中の注意点!頻度を記録しておこう!

ニシアフリカトカゲモドキとレオパの飼育の違いは湿度管理!

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

アカヒレをビンで飼育する時の3つの注意点

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ 爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール