フトアゴヒゲトカゲが掘る理由!床材を穴掘りするのはなぜ?

フトアゴヒゲトカゲは、ケージの隅やシェルターの奥などを穴掘りすることがあります。フトアゴヒゲトカゲが床材を掘る理由は様々なことが考えられますが、大抵は野生の習性が反映していることが多いように思えます。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲが掘る理由

本能的な理由

フトアゴヒゲトカゲ,掘る,穴掘り,画像1野生のフトアゴヒゲトカゲは、オーストラリア内陸部の乾燥地帯に生息しており、そこは日中の温度が35℃以上まで上昇する環境です。そんな中、岩場に隠れたり自ら穴掘りをするなどして、フトアゴヒゲトカゲは涼を得ます。

このような野生の名残りで、ペットとして飼育されているフトアゴヒゲトカゲも、床材を掘ることがあります。掘りたいという本能的な気持ちが理由で床材を掘っていることもあれば、実際に涼を得るために穴掘りをしている場合もあります。

バスキングポイントから遠い位置をフトアゴヒゲトカゲが掘る場合は、暑さが原因で穴掘りしていることも考えられるので、念のためケージ内の温度が最適であるかを確認しましょう。フトアゴヒゲトカゲがシェルターの中を穴掘りする場合は、床材を掘ることで居心地の良い空間を作っていることも考えられます。

Sponsored Links

ケージの向こう側が気になる

フトアゴヒゲトカゲは、ケージの隅をガリガリと引っ掻いて掘る仕草を見せることがあります。このような場合は、ケージの向こう側に何か気になるものがあることが理由として考えられます。

たとえば、ケージの横に他のフトアゴヒゲトカゲのケージがあると、気になって掘り進もうとすることがあります。フトアゴヒゲトカゲのオス同士は上下関係がはっきりしているので、お互いを常に意識しています。多頭飼いする場合はケージの間に仕切りを付けて、お互いが見えないようにすると良いでしょう。

また、ケージの壁の向こうに広い空間があったり、気になるものがあったりすると、その方向を掘り続けることがあります。硬いケージの隅を掘り進めるわけもないので、いずれは諦めますが、中には習慣的に続ける個体もいます。

Sponsored Links

産卵場を作るため

フトアゴヒゲトカゲのメスは、産卵の時期が近づくと、地面を掘り地中に卵を産み落とす習性があります。そのため、産卵間近になると、ソワソワと落ち着きなく、床材を掘る仕草を見せるようになります。

飼育下において、フトアゴヒゲトカゲの産卵は、メスが卵を産みやすいように別のケージを準備します。そのケージには土を20cm程度の高さまで入れ、霧吹きで湿らせておくことのが基本です。

フトアゴヒゲトカゲのメスは前足と後ろ足を上手に使い穴を掘っています。その穴に15~30個程度の卵を産み、その上から土をかけます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲを外で散歩させる前に知っておきたい事

レオパの脱皮の頻度と完了までの時間

ハリネズミの食費はいくら?毎月の餌代は意外とかからない

犬がゴミ箱をあさる理由と対策

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール