オトシンクルスがコケ食べない!コケ取り方法を紹介!

水槽のコケを綺麗に食べてくれる掃除屋さんとして知られる「オトシンクルス」。しかし、コケ取り要員として水槽に入れたオトシンクルスが、全くコケを食べないということがあります。

コケ取り生体として知られるオトシンクルスですが、どんなコケでも食べるわけではなく、オトシンクルスが好きなコケと嫌いなコケがあるのです。

Sponsored Links

オトシンクルスが食べるコケ

オトシンクルス,コケ食べない,コケ取り,画像1水槽内に生えるコケの主な種類は、「茶ゴケ(珪藻)」「緑ゴケ(緑藻)」「黒髭ゴケ(クロヒゲゴケ)」などがあります。

この中で、オトシンクルスが食べるコケは、茶ゴケと緑ゴケです。どちらもよく食べますが、緑ゴケよりも茶ゴケの方を好む傾向があります。

茶ゴケと緑ゴケは、岩の表面やガラス面などに薄っすら生えるコケです。名前の通り茶ゴケは茶色のコケで、緑ゴケは緑色のコケです。

茶ゴケは水槽立ち上げ時期などに、水槽の隅に薄っすらと生えることがありますが、いつの間にか無くなっていることが多いです。

緑ゴケは、岩の表面などに生えると水面に向かって糸状に伸びて成長します。

Sponsored Links

オトシンクルスが食べないコケ

オトシンクルス,コケ食べない,コケ取り,画像2オトシンクルスは、黒髭ゴケを食べることはありません。黒髭ゴケは、流木や成長の遅い水草などに生えることが多いです。

黒い髭のような見た目から黒髭ゴケと言い、英名でも「Black Beard Algae(黒い髭のような藻)」と呼ばれています。

黒髭ゴケは水槽の美観を損ねるので、どちらかと言うと茶ゴケや緑ゴケよりもオトシンクルスに食べてもらいたいところです。しかし、オトシンクルスがコケを食べない以上は、その他の方法でコケ取りをしないといけません。黒髭ゴケの取り方も合わせて確認していきましょう。

Sponsored Links

黒髭ゴケの取り方

オトシンクルスは黒髭ゴケを食べないですが、他の生体で黒髭ゴケを食べることで知られているのが、「サイミーズフライングフォックス」や「シルバーフライングフォックス(別名:アイスポットアルジイーター)」などです。

ただし、水槽の環境によっては、全く黒髭ゴケを食べないこともあったり、コケだけではなく水草まで食べてしまうこともあるので、一概にこの方法が良いとは言い切れない。そんな場合は、クエン酸を使って黒髭ゴケを駆除する方法が効果的です。

まず初めに、200gの水に50gのクエン酸を溶かして、クエン酸20%濃度の溶液を作ります。

次に、黒髭ゴケが付着した水草や岩などを水槽から出して、黒髭ゴケが生えている部分に20%濃度のクエン酸溶液をつけて30秒ほど放置します。

その後は、よく水洗いしてから水草や岩を水槽の中に戻します。

しばらくすると、黒髭ゴケの部分が赤茶色に変色して枯れます。すると、オトシンクルスやヤマトヌマエビなどが枯れたコケを食べて綺麗に掃除してくれるようになります。オトシンクルスやヤマトヌマエビは枯れる前の黒髭ゴケは食べませんが、枯れたコケは食べてくれます。

水草をクエン酸溶液に長時間浸けると、黒髭ゴケだけではなく水草も枯れてしまうことがあるので注意しましょう。また、水草や岩に付着した微量のクエン酸によって、水質が変化することがあるので、こまめに水替えするようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

コリドラスの白い卵は無精卵!カビた卵は取り除く!

フクロモモンガの餌代はいくら?毎月の食費の目安を紹介!

ロシアリクガメの床材の深さは?穴掘りできて誤飲対策が重要!

犬が鼻をつけてくる理由

猫の半目はリラックスしている時だけではない!?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール