フトアゴヒゲトカゲが腕を回す・頭を上下に振る意味

フトアゴヒゲトカゲは頻繁に鳴く動物ではないので、体の動きで気持ちを伝えようとします。その代表的な仕草が「ボビング(頭を上下に振る)」と「アームウェービング(腕を回す)」です。今回は、この2つの仕草に込められた意味について紹介します。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲが頭を上下に振る意味

フトアゴヒゲトカゲが頭を上下に振る仕草は「ボビング」と言い、相手を威嚇する時やオスが求愛する時に見せる行動です。

威嚇行動

フトアゴヒゲトカゲのオス同士は自分の方が上位であること示すために、お互いに激しく頭を上下に振ります。それと同時に口を開けたり、顎を膨らませたりして、自分の方が大きく強いことを示します。

そのまま噛みついてケンカになってしまうこともあれば、気の弱い方が降参を意味する「アームウェービング(腕を回す仕草)」を見せて、争いを回避することもあります。このようにフトアゴヒゲトカゲのオス同士は争うことが耐えないので、多頭飼いする場合は別々のケージで飼育することが基本です。

ボビングはオスのフトアゴヒゲトカゲに多く見られる仕草ですが、気の強いメスのフトアゴヒゲトカゲでも、頭を上下に振って怒りを表すことがあります。

Sponsored Links

求愛行動

ボビングは発情期のオスのフトアゴヒゲトカゲが、メスに対しての求愛行動として行うことがあります。個体にもよりますが、発情期のオスは顎の下の部分が真っ黒に変色し、メスを見かける激しく頭を上下に振ってアピールします。

しかし、全ての個体が顎の部分が黒くなるわけではなく、中には全く変色しないオスもいます。また、メスのフトアゴヒゲトカゲの場合は、怒ってボビングしたとしても顎が黒くなることはありません。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲが腕を回す意味

フトアゴヒゲトカゲが前足を回す仕草は「アームウェービング」と言い、相手に対して敵意が無いことを伝えるための行動です。また、オスからの求愛をメスが応じる意味で行うこともあります。腕を意味する”アーム”という言葉が使われているので、ここでは分かりやすく、フトアゴヒゲトカゲの”腕を回す”仕草と表記しています。

敵意が無いことを示す

フトアゴヒゲトカゲのオス同士の縄張り争いは、お互いに頭を上下に振ってボビングの応酬の末に、弱い方が腕を回すことで自ら敗北を示します。ただし、これはお互いの体の大きさが同じくらいのオス同士の場合です。

自分の方が体が小さく負けることが分かっているフトアゴヒゲトカゲは、大きな体のフトアゴヒゲトカゲに対して威嚇行動のボビングすること無く、初めからアームウェービングをして敵意が無いことを示します。ですから、フトアゴヒゲトカゲが腕を回す仕草は、無用な争いを避けるための平和的な行動でもあるわけです。

フトアゴヒゲトカゲのアームウェービングは、相手から視線を反らして片方の腕をゆっくりと回します。回す腕はどちらか一方だけというわけではなく、腕を上げているのが疲れた逆の腕を回すという具合です。

それでは、なぜ敵意がないことを示すために、フトアゴヒゲトカゲは腕を回すのでしょうか。これについてははっきりとは分かりかねますが、フトアゴヒゲトカゲが腕を上げた姿勢は、すぐに移動して攻撃することができない状態でもありますし、急所である腹部を見せた無防備な状態でもあります。

もしかすると、腕を上げることが重要であって、腕を回しているのはバランスをとっているだけなのかもしれません。いずれにせよ、これについては推測にすぎません。個体によっては、何度も腕を上げては回すことを繰り返し、数分間アームウェーブングを続ける子もいます。

オスの求愛にメスが応じる

フトアゴヒゲトカゲの求愛は、発情期を迎えたオスが激しく頭を上下に振ることでアピールし、それに対してメスが求愛に応じた場合は、ゆっくり腕を回すことで同意を示します。ですから、オスのボビングとメスのアームウェービングは、繁殖において重要な仕草と言えます。

お目当てのメスに熱視線を送りながらボビングするオスに対して、メスは視線を反らしながら優雅にアームウェービングをして応じます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由

フトアゴヒゲトカゲの脱皮前・脱皮中の注意点!頻度を記録しておこう!

フクロモモンガとモモンガの違い

シマリスの餌の量は?野生のシマリスがどんぐり以外で食べるものは?

モルモットが寝る時間帯や睡眠時間は?寝る時は目を開けたまま!?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール