レオパは壁を登るの?ヤモリとの違いは?

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)はヤモリの仲間ですが、壁面を簡単に登る一般的なヤモリの種類とはちょっと違います。ヤモリが垂直の壁を登ってクモなどを捕食できるのは、発達した足指の裏に秘密があるのです。

Sponsored Links

レオパは壁を登ることができるのか?

ヒョウモントカゲモドキの足指

結論から言うと、レオパはケージのガラス面など表面がツルツルとした壁は登れません。ただし、岩の側面など凹凸のある壁はある程度の高さまで登ることができます。

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)は、有鱗目トカゲモドキ科に属する動物で、大きく分類するとヤモリの仲間です。

レオパはヤモリの仲間でありながら、壁を登ることができないというトカゲのような特徴をもっているので、「トカゲモドキ」と呼ばれているわけです。

それでは、壁を登れないレオパと、壁を登ることができるヤモリでは何が違うのでしょうか。それはヤモリの進化した足の裏に秘密があるのです。

Sponsored Links

レオパとヤモリの違い

レオパ,壁,登る,ヤモリ,違い,画像2

ヤモリの足指の裏

ヤモリの足指の裏には、ヒダ状の鱗が並んでいます。これを趾下薄板と言い、その表面には約50万本の剛毛が生えています。

この非常に細かい剛毛と壁の分子との間に生じる微量な引力を利用して、ヤモリの足と壁を接着することができるのです。このように分子間に働く微量な引力のことをファンデルワールス力(分子間力の一種)と言います。

レオパの足指の裏にも趾下板と呼ばれる凹凸状の鱗があるのですが、ヤモリの足指の裏にある趾下薄板ほど発達していないため、レオパの足指の裏にはファンデルワールス力を利用できる剛毛が生えていないのです。

ですから、レオパは凹凸状の鱗の摩擦力で体重を支えられる程度の斜面しか登ることができません。ただし、個体によっては壁紙のわずかな凹凸に指をかけて、まるでボルダリングのように登るレオパもいますが、ヤモリの登り方とは根本的に違いがあることが分かります。

Sponsored Links

ヤモリは、木の上に生息する種類ほど趾下薄板が発達し、レオパのように地上で活動する種類ほど壁を登ることが苦手です。

壁に触れる表面積を広くするために、ヤモリの指先は大きくなっています。それに比べて、レオパの指は細く長いのが特徴です。

ヤモリは表面がツルツルしたガラス面を登ることができますが、水で濡れたガラスは登ることができません。この現象が起こる理由は、ヤモリの指裏に生えている無数の剛毛と壁の分子との間に水が入り込むことで、お互いを引き寄せるファンデルワールス力が弱まるからだと考えられます。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパの脱皮の頻度と完了までの時間

グラミーが黒くなるのは婚姻色!泡巣が消える時は浮き草で防ぐ!

デグーの回し車のサイズは?ずっと走り続けても安全なものを選びたい!

犬がチャイムの音で吠えるのを防ぐためのしつけ

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール