フトアゴヒゲトカゲの寝る時間と寝る場所

今回は、フトアゴヒゲトカゲの寝る時間と寝る場所について紹介します。野生のフトアゴヒゲトカゲの生息環境と、飼育下のフトアゴヒゲトカゲの環境を照らし合わせながら、動物の睡眠について解説していきます。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの寝る時間

フトアゴヒゲトカゲ,寝る時間,寝る場所,画像フトアゴヒゲトカゲの睡眠時間は1日10時間程度だと言われています。ただし、人間のようにまとめて10時間眠るのではありません。1日の睡眠時間をまとめてとる寝方は人間特有のもので、その他の多くの動物は、寝ては起きて浅い眠りを繰り返す生き物がほとんどです。

フトアゴヒゲトカゲの場合も、ウトウトと昼寝もしますし、夜ぐっすり寝ることもあります。フトアゴヒゲトカゲは昼間に活発に行動する昼行性の動物です。これは、明るい時間帯の方が、フトアゴヒゲトカゲの餌となる昆虫や植物が食べやすいからです。

また、それと同時に昼間は、フトアゴヒゲトカゲの天敵となる猛禽類も活発に活動する時間帯です。ですから、フトアゴヒゲトカゲが昼間に寝るとしても、いつ天敵から狙われて逃げられるように、ウトウトと浅い眠りになります。

しかし、夜間は天敵であるタカやハヤブサも寝る時間帯なので、昼間よりはフトアゴヒゲトカゲがゆっくりと眠れるはずです。

Sponsored Links

野生のフトアゴヒゲトカゲはオーストラリア内陸部の半乾燥地帯に生息しており、ここは昼と夜の温度差が非常にある地域です。フトアゴヒゲトカゲは飼育下であっても昼と夜の温度差をつけてことが重要です。昼間は32~38℃(バスキングポイントは38~40℃、夜間は22~27℃が目安になります。

紫外線ライトは1日12時間照射し、自然な生活サイクルを作ることで、フトアゴヒゲトカゲの寝る時間も安定してきます。

フトアゴヒゲトカゲの寝る場所

野生のフトアゴヒゲトカゲは、天敵から身を守るために、岩陰や倒木の隅に身を隠して寝ます。フトアゴヒゲトカゲの体色は乾燥した土地や朽ちた倒木と似た保護色になっており、その場所でじっと動かないでいることで擬態の効果があります。

飼育下のフトアゴヒゲトカゲの寝る場所も、基本的には同様のことが言えるのですが、必ずしも身を隠しながら寝るとは限りません。寝る場所を作ってあげようと流木やシェルターなどを準備してあげても、結局はケージの隅で寝るというフトアゴヒゲトカゲも少なくありません。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの性格は非常に個体差があるので、一概には言えませんが、ケージ内の影になる場所であったり、少し高い場所に登って寝る個体をよく見掛けます。

フトアゴヒゲトカゲの体は硬い鱗で守られていることや、夜間は天敵である猛禽類も眠っていることなどを考えると、そこまで警戒心はないのかもしれません。ただし、飼育下においては周辺の音がフトアゴヒゲトカゲの眠りを妨げてしまうことがあるので、騒がしい場所には、ケージを置かないようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲのベビー期の餌の量

フトアゴヒゲトカゲが水を飲まない!水分補給が心配な方必見!

ハムスターの遊び方!遊び道具はコレがおすすめ!

犬猫の電車料金一覧!電車に乗せる時はバッグがおすすめ!カートはNG!

猫が魚好きなのはなぜ?猫は甘いものが好きなわけではない!?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール