フトアゴヒゲトカゲのベビー期の餌の量

今回は、ベビー期のフトアゴヒゲトカゲの餌の量について紹介します。フトアゴヒゲトカゲのベビー期は、生後3ヶ月程度までのことを言います。この時期のフトアゴヒゲトカゲは成長のスピードが目覚ましいものがあり、大抵は飼育書などに餌を食べられるだけ与えると書かれていることが多いです。

しかし、初めて飼育される飼い主さんにとっては「餌を食べられるだけ与える」というのは、具体的にどのくらいの餌の量で、どのように与えて良いものか戸惑う方もいらっしゃると思います。今回の記事では、生餌や野菜、人工餌などの与え方を1つひとつ確認していきましょう。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲのベビー期の餌の量

1日2回主食の生餌を食べられるだけ与える。
野菜と人工餌はおやつ程度に与える。

生餌の与え方

フトアゴヒゲトカゲ,ベビー,餌の量,画像2ベビー期のフトアゴヒゲトカゲは、体をしっかり作るために栄養価の高い生餌が主食になります。この時期のフトアゴヒゲトカゲは、大きな生餌は口に入らないので、Sサイズのデュビア(ゴキブリの一種)やコオロギなどを与えると良いでしょう。

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲは、まだまだ成長途中のため、1回の食事でたくさんの栄養を吸収することができません。ですから、餌やりは1日2回に分けて食べられるだけ与えるのが理想です。しかし、これはあくまで理想の話です。

フトアゴヒゲトカゲは昼行性の動物ですから、餌やりも朝と昼に与える必要があります。そのため、昼間に働いている飼い主さんは、フトアゴヒゲトカゲに1日2回餌やりをすることが困難です。その場合は、仕事がある平日は朝1回の餌やりで、仕事がない休日は朝と昼1日2回の餌やりでも飼育は可能です。

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲが、1回の食事で食べることができる餌の量は個体差がありますが、大抵はSサイズのデュビアを3~5匹くらい食べると、もういらないという素振りを見せます。

Sponsored Links

野菜や人工餌に慣れさせておく

フトアゴヒゲトカゲ,ベビー,餌の量,画像1フトアゴヒゲトカゲの飼育は、生後間もないベビー期から、成長が著しいヤング期にかけての食事は生餌を主食としますが、成長が落ち着いた成体期になると野菜中心の食事に変わります。ですから、ベビー期のうちから野菜をおやつ程度に与えて慣れさせておくと良いでしょう。

また、人工餌もベビー期うちから慣れさせておくと、後々の飼育が楽になります。人工餌には、昆虫や野菜、各種ビタミンなど、フトアゴヒゲトカゲに必要な栄養がバランス良く含まれています。

Sponsored Links

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲは、まだたくさんの餌を食べられないので、主食の生餌を与える前に野菜(小さく切った小松菜の葉)や人工餌を少量だけ与えると良いでしょう。野菜や人工餌に慣らすことが目的なので餌の量は前菜やおやつ程度で十分です。ベビー期の主食は生餌になります。

今回は、生後3ヶ月までのベビー期の餌の量について紹介しましたが、生後6ヶ月程度のヤング期と生後1年以降の成体期の餌代について書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!
フトアゴヒゲトカゲに与える餌は、昆虫や野菜、人工フードなどがありますが、フトアゴヒゲトカゲの成長段階によって、餌を与える量や頻度が異なります。今回は、ベビーサイズから成長期のフトアゴヒゲトカゲの餌代の目安と、成長が落ち着いた成体期のフトアゴ...

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの色が変わる3つの理由

レオパの尻尾の太さの秘密!尻尾が細い理由とは?

フクロモモンガの「部屋んぽ」と「蚊帳んぽ」おすすめはどっち?散歩の時間はどのくらい?

犬が言うことを聞かなくなる理由!オテやフセしなくなった原因は?

猫が外を眺めるのが好きな理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール