フトアゴヒゲトカゲのベビー期の餌の量

今回は、ベビー期のフトアゴヒゲトカゲの餌の量について紹介します。フトアゴヒゲトカゲのベビー期は、生後3ヶ月程度までのことを言います。この時期のフトアゴヒゲトカゲは成長のスピードが目覚ましいものがあり、大抵は飼育書などに餌を食べられるだけ与えると書かれていることが多いです。

しかし、初めて飼育される飼い主さんにとっては「餌を食べられるだけ与える」というのは、具体的にどのくらいの餌の量で、どのように与えて良いものか戸惑う方もいらっしゃると思います。今回の記事では、生餌や野菜、人工餌などの与え方を1つひとつ確認していきましょう。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲのベビー期の餌の量

1日2回主食の生餌を食べられるだけ与える。
野菜と人工餌はおやつ程度に与える。

生餌の与え方

フトアゴヒゲトカゲ,ベビー,餌の量,画像2ベビー期のフトアゴヒゲトカゲは、体をしっかり作るために栄養価の高い生餌が主食になります。この時期のフトアゴヒゲトカゲは、大きな生餌は口に入らないので、Sサイズのデュビア(ゴキブリの一種)やコオロギなどを与えると良いでしょう。

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲは、まだまだ成長途中のため、1回の食事でたくさんの栄養を吸収することができません。ですから、餌やりは1日2回に分けて食べられるだけ与えるのが理想です。しかし、これはあくまで理想の話です。

フトアゴヒゲトカゲは昼行性の動物ですから、餌やりも朝と昼に与える必要があります。そのため、昼間に働いている飼い主さんは、フトアゴヒゲトカゲに1日2回餌やりをすることが困難です。その場合は、仕事がある平日は朝1回の餌やりで、仕事がない休日は朝と昼1日2回の餌やりでも飼育は可能です。

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲが、1回の食事で食べることができる餌の量は個体差がありますが、大抵はSサイズのデュビアを3~5匹くらい食べると、もういらないという素振りを見せます。

Sponsored Links

野菜や人工餌に慣れさせておく

フトアゴヒゲトカゲ,ベビー,餌の量,画像1フトアゴヒゲトカゲの飼育は、生後間もないベビー期から、成長が著しいヤング期にかけての食事は生餌を主食としますが、成長が落ち着いた成体期になると野菜中心の食事に変わります。ですから、ベビー期のうちから野菜をおやつ程度に与えて慣れさせておくと良いでしょう。

また、人工餌もベビー期うちから慣れさせておくと、後々の飼育が楽になります。人工餌には、昆虫や野菜、各種ビタミンなど、フトアゴヒゲトカゲに必要な栄養がバランス良く含まれています。

Sponsored Links

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲは、まだたくさんの餌を食べられないので、主食の生餌を与える前に野菜(小さく切った小松菜の葉)や人工餌を少量だけ与えると良いでしょう。野菜や人工餌に慣らすことが目的なので餌の量は前菜やおやつ程度で十分です。ベビー期の主食は生餌になります。

今回は、生後3ヶ月までのベビー期の餌の量について紹介しましたが、生後6ヶ月程度のヤング期と生後1年以降の成体期の餌代について書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!
フトアゴヒゲトカゲに与える餌は、昆虫や野菜、人工フードなどがありますが、フトアゴヒゲトカゲの成長段階によって、餌を与える量や頻度が異なります。今回は、ベビーサイズから成長期のフトアゴヒゲトカゲの餌代の目安と、成長が落ち着いた成体期のフトアゴ...

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの色が変わる3つの理由

レオパの尻尾の太さの秘密!尻尾が細い理由とは?

フクロモモンガの「部屋んぽ」と「蚊帳んぽ」おすすめはどっち?散歩の時間はどのくらい?

犬が言うことを聞かなくなる理由!オテやフセしなくなった原因は?

猫が外を眺めるのが好きな理由

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類

癒しのアニマルグッズ

心も体も癒される動物の抱き枕

もちもちな優しい触り心地で、まるでペットを飼っているような可愛さと安心感が得られる抱き枕です。最高の肌触りと柔らかな使い心地で心も体も癒されます。

抱き枕の大きさは、Mサイズ(全長約53㎝)とLサイズ(全長約70㎝)の2種類があります。シロクマやプードル、ミケネコなど、30種類以上の動物の抱き枕があるので、お好みのものを選ぶことができます。

プニプニした触り心地の猫型加湿器

この商品は、プニプニ触感のシリコン素材で出来た猫型加湿器です。寝室によく合う暖色系のランプ機能が搭載されているので、ベッドサイドランプとしても使用できます。

この加湿器は、空焚き防止機能が搭載されており、水が不足すると自動的に電源オフになるので安心です。お好きなアロマオイル(別売り)をタンクに垂らして、癒しのひとときを堪能してみてはいかがでしょうか。

可愛い動物親子のティーセット

この商品は、ティーポットが動物の親のデザインで、ティーカップが動物の子供のデザインになっているティーセットです。

たとえば、カエルの親子をモチーフにした食器は、ティーポットがカエルで、ティーカップがオタマジャクシになっています。その他にも、ゾウやニワトリ、シマエナガなどの、可愛い動物の親子をモチーフにしたデザインがあります。

おすすめのフトアゴヒゲトカゲ用品

給餌用ピンセットはカーブタイプを選ぶ

created by Rinker
スドー
¥1,394 (2022/09/25 18:46:26時点 Amazon調べ-詳細)

フトアゴヒゲトカゲに餌を与える際の必須アイテムと言えばピンセットですが、一口にピンセットと言っても、形や素材の異なる様々な商品があります。

給餌用ピンセットを選ぶポイントは「安全性」と「摘まみやすさ」です。トカゲは餌に向かって勢いよくかぶりついてくるので、誤ってピンセットの先端がトカゲの目に入ってしまうことがあります。それを防ぐために、給餌用ピンセットはカーブタイプを使用して、先端をトカゲに向けないように給餌するようにしましょう。

ピンセットの素材は、金属製、竹製、プラスチック製などがあり、ピンセットは硬い素材ほど細かいものを摘まみやすい傾向があります。安全性を考えると柔らかい素材の方が良いのですが、摘まみにくくては給餌作業が大変です。ここでは、細かいものでも摘まみやすい金属製で、カーブタイプのピンセットをおすすめします。

紫外線ライトはUVBが重要

爬虫類飼育に使用する紫外線ライトは、光の波長によって「UVA」と「UVB」の2種類があります。

UVAは爬虫類の脱皮や食欲を促す作用があると言われ、UVBは体内でビタミンD3の合成を促す作用があり、ビタミンD3はカルシウムの吸収に関与するため骨格を形成するために重要です。

フトアゴヒゲトカゲの飼育においては、骨格の形成に関与するUVBの照射時間が大切で、1日12時間は浴びることができる環境を作るようにしましょう。自然光に近い光を設置するためにはUVAも併用すると良いでしょう。

昼行性爬虫類にはカルシウム+ビタミンD3

フトアゴヒゲトカゲは、昼間に活発に活動する昼行性爬虫類です。昼行性爬虫類は、カルシウムの吸収を助けるビタミンD3の要求量が高いと考えられているため、カルシウムだけではなくビタミンD3も含まれたサプリメントを与えると良いでしょう。

この商品はパウダー状になっているので、フードや野菜に振りかけて与えることができます。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール