荒鳥の文鳥を手乗りにするには?手乗り崩れになる原因とは?

今回は、人を警戒してなかなか懐かない荒鳥の文鳥を手乗りにする方法を紹介します。一度手乗り文鳥になった個体でも、ある日突然、懐かなくなることがあります。そんな手乗り崩れになる原因についても解説していきます。

Sponsored Links

荒鳥の文鳥を手乗りにするには?

荒鳥,文鳥,手乗りにするには,手乗り崩れ,画像1文鳥を手乗りにするには、雛の時期から飼い主さんの手の上に文鳥を乗せて餌付けすることで、ほぼ確実に手乗り文鳥になります。

しかし、雛の時期の餌やりは1日3回、直接雛の口に餌を入れてあげないといけなかったり、夜鳴きが酷かったり、時間のない飼い主さんにとっては、文鳥を雛から育てるのは困難です。ですから、成鳥から文鳥を飼育するケースが多いと思います。

人に懐きにくい鳥を荒鳥と言いますが、そもそも文鳥は気性が荒く、警戒心が強い鳥なので、成鳥になった文鳥は、容易く人に懐かないことが多いです。ただし、一度パートナーと認めた相手に対しては、ベタ惚れになります。

つまり、荒鳥の文鳥を手乗りにするには、文鳥にとって飼い主さんが信頼できる特別な存在になるということです。

そのためには、文鳥が嫌がることを絶対にしないということが大切です。

慣れていないうちは、文鳥がいるケージ内に手を入れない。
文鳥に向かって指を差さない。
文鳥の上から手のひらを被せない。
放鳥時は距離をおいて見守る。

まだ慣れていない文鳥に対しては、まずは飼い主さんが文鳥にとって脅威な存在ではないことを分かってもらうことが大切なので、餌やり、水やり、ケージ内の掃除など、必要最低限の飼育だけ行って、あとは距離をおいて見守ることが基本です。

Sponsored Links

問題なのが、放鳥後に荒鳥をどうやってケージに戻すのかということです。餌でつってケージに戻すことができれば一番良いのですが、なかなか上手くいかなことが多いです。そんな時は部屋の電気を暗くして、文鳥の警戒心を緩和してから、優しく手で捕まえてケージに戻してあげると良いでしょう。

文鳥を放鳥させる習慣を半年から数年続けていると、ある日突然、文鳥の方から飼い主さんの肩や腕に止まってくるようになります。本来、文鳥は群れで生活する寂しがりな性格でもあります。

文鳥の方から寄ってくるようになったら、飼い主さんの手の平に餌を置いて、そこから文鳥が食べるようになります。これを根気よく繰り返すうちに、荒鳥の文鳥が手乗りになっていきます。

手乗り崩れになる原因とは?

荒鳥,文鳥,手乗りにするには,手乗り崩れ,画像2手乗り崩れとは、一度手乗りになった鳥が、再び人を警戒するようになり、手に乗らなくなることを言います。また、雛から手乗りにしようと挿し餌で育てたのに、結局手乗りにならなかったことに対して言うこともあります。

文鳥は一度パートナーと決めた相手に対して、そう簡単には離れません。ただし、それは文鳥1羽だけの単独飼いしている場合に限ります。

たとえば、1羽の荒鳥を丁寧に育てて、やっとの思いで手乗り文鳥にしたとします。その後、やっぱり1羽だけでは可哀そうと思い、もう1羽の文鳥をお迎えしたところ。急に手乗り崩れになるということがあります。

Sponsored Links

本来、文鳥は繁殖という目的があって、自分のパートナーを決めます。この場合は、手乗りだった文鳥のパートナーが、飼い主さんから文鳥同士に代わったということが原因で、手乗り崩れが起こるのです。

文鳥を雛から育てて手乗りにした場合でも、複数の文鳥を飼った途端に手乗り崩れが起こることもあります。文鳥の雛を飼い主さんの手の上で挿し餌すると、雛は飼い主さんのことを親だと認識するようになります。これを「すりこみ」と言って、記憶の隅に「飼い主さん=親」だと刷り込まれた文鳥は成鳥になっても手乗りになるわけです。

ところが、複数の文鳥を飼い始めた途端に、文鳥同士でパートナーができて手乗り崩れになることがあります。人間でもそうですが、文鳥にとっても親とパートナーは別のものなのでしょう。

ただし、複数の文鳥を飼い始めたからといって、必ず手乗り崩れが起こるわけではありません。飼い主さんとの信頼関係を保ちながら、文鳥同士も仲良くしている場合もあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥の羽繕いの意味!羽繕いが多い時は?

文鳥の換羽期は元気がないので寝る!イライラして噛む!

レオパが片目だけ閉じて寝る!開けた片目の視線の先には…

犬の上下関係!自分が上位だと勘違いした犬は?

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

文鳥
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール