文鳥と十姉妹の違い

文鳥と十姉妹は、いずれもペットとして人気が高く、日本で飼育されてきた歴史が非常に長い鳥です。どちらも体長が15cm程度の小鳥でよく似た外見をしています。品種によっては見分けにくいこともありますが、よく見ると文鳥と十姉妹には決定的に異なる部分があります。今回は、文鳥と十姉妹の違いについて紹介していきます。

Sponsored Links

文鳥の特徴

文鳥,十姉妹,違い,画像1

分類:スズメ目カエデチョウ科キンパラ属
体長:約17cm
原種の羽色:額、後頭部、喉、尾羽が黒い。胸部は青味がかった灰色。腹部や体側面や嘴は薄いピンク色。品種によって様々な羽色がある。
文鳥の原産は東南アジアのジャワ島やバリ島で日本には江戸時代に持ち込まれた。
やや気が強い性格で同じケージで多頭飼いできないが、人には懐きやすい。

Sponsored Links

十姉妹の特徴

文鳥,十姉妹,違い,画像2

分類:スズメ目カエデチョウ科キンパラ属
体長:約12cm
羽色:交配によって様々な羽色が存在するが、基本的には茶系や白系が多い。
十姉妹は、江戸時代に中国から持ち込まれたチュウゴクコシジロキンパラを品種改良したもので、十姉妹の野生種は存在しない。
穏やかな性格で同じケージで多頭飼いができ、人にもよく懐く。

文鳥と十姉妹の違い

文鳥と十姉妹は、いずれもスズメ目カエデチョウ科キンパラ属に分類される鳥で、どちらも江戸時代にアジア圏から持ち込まれた鳥類ということで、非常に似通った特徴を持っています。

ただし、文鳥の場合は原種に近い羽色の品種が、現在もペットとして飼育されていますが、十姉妹の場合は、中国から輸入したチュウゴクコシジロキンパラを元に品種改良されたものなので、野生種は存在しないという違いがあります。

Sponsored Links

文鳥の原産は東南アジアのジャワ島やバリ島とされていますが、現在はフィリピンやマレーシア、日本、メキシコ、ハワイなど世界各国に分布しています。十姉妹はペットとして品種改良された鳥なので飛ぶ力が弱く、ケージから逃げたとしても野生では長く生きられないと言われています。

十姉妹は大人しい性格から同じケージ内で複数の鳥を飼育することができます。そのため場所を取らずに育てることができるので、以前は十姉妹を飼育する方が多くいました。最近では、文鳥を手に乗せて可愛がる、いわゆる「手乗り文鳥」というものが好まれるようになり、十姉妹と比べて文鳥を飼育する方が多くなっているように思えます。ちなみに十姉妹も手乗りにすることは可能です。

体長は、十姉妹よりも文鳥の方がやや大きいのが特徴です。文鳥と十姉妹には、様々な羽色の種類があり、品種によってはなかなか見分けることが難しいこともありますが、文鳥と十姉妹は嘴の色に違いがあります。

文鳥の嘴は根元のあたりがピンク色になっているのが特徴です。十姉妹は薄い黄色や灰色、黒などの種類が存在します。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥の換羽期は元気がないので寝る!イライラして噛む!

文鳥がジャンプする!上下にぴょんぴょん跳ねる意味は?

ハシビロコウがいる動物園一覧!日本に何羽いるの?

犬の上下関係!自分が上位だと勘違いした犬は?

猫が冷蔵庫の上・炊飯器の上に乗る理由と対策!キーボードに乗るのは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

文鳥
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール