インコ/文鳥/オウムがケージを噛む原因と対策

飼育しているセキセイインコや文鳥、オウムなどに、ケージを噛む癖がついてしまうことがよくあります。今回はケージの噛み癖の原因と対策について紹介していきます。

Sponsored Links

インコ/文鳥/オウムのクチバシの仕組み

クチバシは伸び続けている

コザクラインコ 噛み癖 画像2セキセイインコや文鳥、オウムなどの鳥類にとって、クチバシは様々な場面で使われる重要な部位です。食事をする時はもちろんですが、クチバシを使って巣作りをしたり、毛繕いをしたり、時にはクチバシを武器にして争うこともあります。

このように鳥にとってクチバシは無くてはならない重要なものなので、破損して無くならなにように絶えず伸び続けています。普段からクチバシを使うことで磨耗し、丁度良い長さを保っているのです。鳥によっては、自分でクチバシを擦り合わせてメンテナンスする個体もいます。

Sponsored Links

クチバシには感覚がある

鳥のクチバシを分かりやすく言えば、常に伸び続ける爪のようなもので、内部には感覚を得るための神経があります。鳥のクチバシは爪と同じケラチンでできています。(但し、生物学上では、クチバシは歯が変化したものと考えるのが定説です。)

鳥のクチバシに神経があるということは、それを機能させるために栄養を送る血液が流れています。ですから、ケージを噛むなどして、クチバシを深く傷つけてしまった場合は出血をしますし、感覚神経があるので鳥自身も痛いはずです。飼育しているオカメインコや文鳥、オウムなどが、このような事態になる前に、ケージを噛む対策をしておく必要があります。

インコ/文鳥/オウムがケージを噛む原因と対策

インコ-文鳥-オウム-ケージ-噛む-原因-対策-画像1飼育しているセキセイインコや文鳥、オウムなどが、ケージを噛む理由については、ペットが何らか不満を抱えていて、そのストレス発散のためにケージを噛んでしまうということが考えられます。

何が原因でストレスを感じているのかは、ペットの様子をよく観察して、飼い主さんが気づいてあげることが大切ですが、それ以前にケージがクチバシを傷つける金属製であって、尚且つ鳥がクチバシでくわえられるほどの細さであることが問題だと言えます。

Sponsored Links

かじり木を設置

マルカン かじり木コーンM ×3個


オカメインコや文鳥、オウムなどは、ケージの同じ場所を何度も繰り返し噛む傾向があります。特にケージの出入り口付近のケージを噛むことが多いです。その場所にかじり木を設置すると、ケージを噛むかわりに、かじり木でストレス発散してくれることがあります。

かじり木は市販のものもありますが、自分で自然の木を取ってきて手作りしても良いと思います。鳥と木の組み合わせは見た目も良いので、飼い主さんのお好みでケージ内をアレンジすると楽しめます。

ただし、かじり木を手作りする時に注意しておきたいのは、釘などの金属を使用しないということです。複数の木を組み合わせる際には麻紐を使うなどして工夫してみると良いでしょう。

アクリルケージを使う

とりまる アクリルケージ 鳥かごカバー 防寒カバー バードケージ 鳥かご用 アクリルケース 大型 セキセイインコ 文鳥 SM-TORIMARU-M-WH


金属製のケージをアクリル製のケージに変えて、ケージを噛むというそもそもの原因を無くすことで対策できます。金属製のケージと比べて、アクリル製のケージは高額というデメリットがありますが、アクリルケージならではのメリットがいくつかあります。

たとえば、アクリルケージは防音に役立ちます。セキセイインコや文鳥、オウムなどの鳥類は、早朝に激しく鳴く傾向があるので、近所迷惑にならないように対策できます。その他にも、冬は保温に役立ったり、細かい羽やチリなどが舞うのを防止するなど、様々なメリットがあります。

ケージを噛む原因をもう一度考えてみよう

たとえ、かじり木を設置したり、アクリルケージに変えて対策したとしても、ペットがケージを噛む原因を取り除いてあげなければ、根本的に解決したとは言えません。

オカメインコや文鳥、オウムなどがケージを噛んでしまう原因は、飼育環境に何らかの不満を抱えていることが多いです。その原因が、たとえば、ケージの外に出て飛び回りたいだとか、外の騒音が気になるだとか、または複数のペットを飼育している場合は、相性の悪いペット同士を同じケージに入れていることがストレスになることもあります。

まずは、飼育しているペットの様子をよく観察して、必要に応じて飼育環境の見直しすることが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥の鳴き声の意味「キューキュー・ヒューヒュー・クルクル・ポポポ・キュッキュッ」種類別に紹介!

セキセイインコの鳴き声の意味「ギャギャギャ・キュッキュッ・クルクル・ギギギ・ジジジ・ピュイ・キュー」変な鳴き方をする時は?

ハシビロコウがいる動物園一覧!日本に何羽いるの?

犬が顔に飛びつく・人に飛びつく理由とやめさせる方法

猫が肩に乗る理由・猫が背中に乗ってくるのは訳がある

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

インコ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール