セキセイインコが撫でさせてくれない!撫で方や撫でる場所を紹介!

セキセイインコが自分から寄ってくるのに、触ろうとすると逃げてしまって撫でさせてくれないということがよくあります。そんなセキセイインコには、ゆっくりと段階的に慣らしていくことが大切です。今回は、セキセイインコの撫で方と撫でると喜ぶ場所について紹介します。

Sponsored Links

セキセイインコが撫でさせてくれない原因

セキセイインコが撫でさせてくれない原因は、その子の性格によるところが大きいです。そもそもセキセイインコは、人に撫でられることを嫌がる子が多いです。

セキセイインコは好奇心旺盛な子が多く、放鳥時には飼い主さんの肩や頭に止まる子もいますが、セキセイインコの体に触ろうとすると逃げてしまうことが多いのです。

セキセイインコを撫でようとすると、嫌がって逃げてしまう主な理由については、まだ人間の手に慣れていないということが挙げられます。ですから、セキセイインコの撫で方や撫でる場所を紹介する前に、まずは、セキセイインコを飼い主さんの手に慣らす方法から確認していきましょう。

Sponsored Links

セキセイインコを人間の手に慣らす方法

セキセイインコに人間の手を好きになってもらうためには、手から餌を与えることが効果的です。手から餌を与えることで、飼い主さんの手は美味しい食べ物をくれる良いものだと、セキセイインコが認識するようになります。

この方法は、犬や猫、ハムスターなどの小動物を懐かせるために行うことがありますが、意外とセキセイインコや文鳥などのペットの小鳥にはやっていない飼い主さんが多く、いきなりセキセイインコの体に触れようとするので、撫でさせてくれないことが多いのです。

初めのうちは、餌皿を空にして指で摘まんだシードを、ケージ越しにセキセイインコへ与えていきます。摘まんだシードを食べてくれない場合は、餌皿にシードを落として与えても良いです。

毎日繰り返し指を入れて与えていると、セキセイインコは徐々に飼い主さんの手に慣れてきて、指で摘まんだシードを直接クチバシでくわえて食べるようになります。

セキセイインコが、飼い主さんの手から直接餌を食べるようになったら、次はケージから出した放鳥時にも、同じように手か直接餌を与えるようにしましょう。これができたら、セキセイインコは飼い主さんの手を怖いものとは思っていないはずです。

Sponsored Links

セキセイインコの撫で方

セキセイインコが、飼い主さんの手から直接餌を食べるようになったということは、すでにセキセイインコの体が飼い主さんの手に触れている状態です。にもかかわらず、セキセイインコが撫でさせてくれない場合は、撫で方に問題があるのかもしれません。

まだ慣れていないセキセイインコは、頭上から手のひらや指先が近づいてくるのを嫌うことが多いです。おそらく頭上から近づくものは、天敵が近づいてくることを連想させてしまうのかもしれません。

ですから、セキセイインコを撫でる方法は、インコの目線と同じくらい高さから、手の甲を見せなら近づくのが基本です。指先を怖がるセキセイインコには、指を曲げた関節部分や手の甲で撫でてあげると良いでしょう。

セキセイインコを撫でると喜ぶ場所

セキセイインコが自分で羽づくろいできない場所を撫でてあげると喜び傾向があります。セキセイインコはクチバシや足を使って全身の羽を綺麗にしていきますが、頭頂部はクチバシが届かないので、自分ではなかなか羽づくろいできません。

そのため、セキセイインコの頭頂部を優しく撫でると喜んでくれることが多いです。仲の良いセキセイインコ同士が羽づくろいし合う時も、頭をこすり合うことがあります。

ただし、セキセイインコが撫でさせてくれない原因は、その子の性格によるところが大きいので、無理に撫でようとするのはよくありません。セキセイインコの負担にならないように、ゆっくりと段階的に慣らしていくことが大切です。

セキセイインコ同士が頭をこすりつける理由については、以前に書いた記事があるので合わせてご覧ください。

セキセイインコが頭をこすりつける3つの理由
セキセイインコが、止まり木や飼い主さんの指などに頭をこすりつける行動は、日常的によく見られる仕草です。この仕草には、いくつかの理由があります。ある時期だけ頻繁に頭をこりつけることが、鳥類特有の理由で関係している場合もあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

セキセイインコとオカメインコの違い!一緒に同じケージで飼育していいの?

オカメインコの頭の毛が立つ意味は?トサカじゃなくて冠羽で感情表現!

ハリネズミが巣作りする時は?巣箱の中に床材がいっぱい!

ハムスターハウス二階建て!可愛い一戸建てマイホームはコレだ!

チンチラはトイレ覚える?しつけよりも置く場所を工夫しよう!