文鳥の撫で方と撫でる場所!撫でると口を開ける時は?

今回は、文鳥の撫で方について紹介します。文鳥を優しく撫でてあげると、目を閉じてうっとりとした表情を見せることがあります。

時には文鳥が口を開けることや鳴くことで気持ちを伝えようとすることもあります。まずは、文鳥を撫でると喜ぶ体の場所から確認していきましょう。

Sponsored Links

文鳥を撫でると喜ぶ場所

文鳥,撫で方,撫でる場所,口を開ける,撫でると鳴く,画像1文鳥を撫でると喜ぶ体の場所は、頭頂部から後頭部にかけて、または頬や首周りを、優しく撫でてあげると喜ぶことが多いです。

文鳥は、嘴を器用に使って毎日羽繕いをしますが、どうしても頭部は自分で羽繕いできません。ですから、この場所を飼い主さんが代わりに羽繕いしてあげるつもりで、指先を使って優しく撫でてあげると良いでしょう。

複数の文鳥を飼育していると、仲の良い文鳥同士で羽繕いをすることがあります。その場合も、文鳥の頭部や首の周りを嘴で羽繕いしていることが多いです。

Sponsored Links

文鳥の撫で方

文鳥,撫で方,撫でる場所,口を開ける,撫でると鳴く,画像2文鳥の頬から首の側面は撫でると喜ぶ場所ですが、この場所には文鳥の耳があるので、傷付けないように優しくゆっくり撫でてあがることが大切です。

文鳥の撫で方は、指先や指のはらを使って、優しく羽繕いしてあげるつもりで撫でてあげるのがポイントです。撫でる時は、羽根の流れに沿って撫でてあげましょう。

飼い主さんの手に慣れている文鳥であれば、手のひらで包み込むように撫でてあげて喜びます。この時は文鳥に触れる前に手のひらを温めておくと、文鳥が喜んでくれることが多いです。

文鳥の撫で方で注意しておきたいことは、文鳥の上から手を近づけると嫌がる子が多いので、文鳥の目線よりも下から手を近づけて撫でるようにしましょう。

また、指先を文鳥に向けるのも良くありません。人間の指先は鳥の嘴に似ているので、文鳥は威嚇されているのと勘違いして怒ってしまいます。

特にメスの文鳥の背中を撫でるのはNGです。発情期に背中を撫でられる卵を産んでしまうことがあるので注意しましょう。必要のない産卵は、文鳥に負担がかかるので避けるべきです。

Sponsored Links

撫でると文鳥が口を開ける時は?

文鳥を撫でていると、文鳥が気持ちの良さにうっとりして目を閉じたり、口を開けたり、思わず「ピッ!」と鳴くこともあります。

文鳥は相手を威嚇する時も口を開けることがありますが、怒りを表す時は「グルルル」「ギャルルル」と激しく鳴きます。この怒りを表す鳴き声を出していないのであれば、文鳥を撫でると口を開ける時は喜んでいると考えて良いでしょう。

また、文鳥は飼い主さんに甘えたい時に、口を開ける仕草を見せることがあります。

成鳥になった文鳥でも雛の時みたいに、パートナーに餌をねだるように口を開けることがあるのです。この仕草はメスの文鳥に多く見れるもので、相手の反応を見て、子育てに適している相手かどうかを見極めることがあると言われています。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥の雛換羽の時期と期間!遅い子や終わらない子など個体差あり!

文鳥が噛む理由と噛む時期!痛い噛み癖が直らないのはなぜ?

コリドラスが水面に上がる!水面ダッシュで口をパクパクさせる理由とは?

犬用レインコート(小型犬・中型犬・大型犬)おすすめ!おしゃれな足付きデザイン

【初心者必見】猫を飼うのに必要な物と費用の目安

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

文鳥
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール