インコの放鳥時のフン処理!ウェットティッシュは安全なものを使いたい

放鳥時のインコは、部屋の至る所でフンをしてしまいます。そんな時にフン処理を行う便利なアイテムとしてウェットティッシュが挙げられますが、できればインコが触れる物を拭き掃除する場合は、安全な成分でできたウェットティッシュを使ってあげたいものです。

Sponsored Links

インコの放鳥時のフン対策

インコ,放鳥,フン処理,画像1インコは1時間ほどの放鳥中に10回程度は排泄します。時と場所を選らばず排泄したいタイミングでフンをするので、対策するのはなかなか難しいものですが、インコの行動パターンを知っておくとある程度は対応できます。

放鳥時のインコの行動は、大きく分けて「退屈」と「寂しさ」のいずれかの欲求を満たすものです。

退屈だと感じている場合は、放鳥時にオモチャで遊んだり、高い場所に止まって室内の様子を眺めたり、飛び回ったりします。この場合は、室内にバードアスレチックなどの遊び場を作ってあげて、インコの行動範囲を限定させて、その下に新聞紙やペットシートなどを敷いておくと対応できます。

インコは飛行中よりも、止まり木で休んでいる時の方が、排泄しやすい傾向があります。インコが毎回同じ場所に止まって室内の様子を伺っている場合は、その下にペットシートなどを敷いておくと良いでしょう。または、意図的に止まり木を室内に設置して、インコが排泄する場所を作ってあげても良いと思います。

Sponsored Links

寂しいと感じている場合は、飼い主さんや他の鳥に近づいてコミュニケーションを図ります。飼い主さんの手や肩にインコが止まってフンをしてしまっても良いように、汚れても構わないような服装を着ていることで対応できます。

飼い主さんの頭にインコが止まらないようにしつけることが大切ですが、どうしても頭に止まってしまう場合は、放鳥の時だけ帽子を被っていればフン処理が簡単になります。

フン処理に使うウェットティッシュは安全なものを

インコ,放鳥,フン処理,画像2放鳥時のインコのフン対策が万全だったとしても、どうしても部屋のあちこちにフンをしてしまうものです。そんな時にフン処理で使う便利なアイテムがウェットティッシュなのですが、餌皿やオモチャなど、インコが触れる物には心配の少ないウェットティッシュを使いたいものです。

ウェットティッシュで特に気になるポイントは「ノンアルコール」「無香料」「パラベンフリー(パラベン:防腐剤の一種)」の3つです。人間の赤ちゃんの手拭きで使うウェットティッシュも、この3つが安全面で考慮されています。

Sponsored Links

一応、おすすめのウェットティッシュを紹介しておきますが、ウェットティッシュは、ペット飼育において消耗品なので、手軽に購入できる近所のホームセンターなどで探してみると良いと思います。

「ノンアルコール/無香料/パラベンフリー」のウェットティッシュ

【まとめ買い】スコッティ ウエットティシュー 純水99% 本体150枚 つめかえ130枚

Sponsored Links

おすすめの記事

インコがバタバタ羽を広げる意味は?羽を浮かせる仕草や片方の羽を上げる理由とは?

インコの反抗期の期間と接し方

チンチラのハウス(寝床)おすすめの置くタイプ/吊るすタイプ

犬が顔に飛びつく・人に飛びつく理由とやめさせる方法

猫が肩に乗る理由・猫が背中に乗ってくるのは訳がある

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

インコ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール