文鳥に豆苗はいつから?適量や頻度など与え方を紹介!

文鳥が豆苗を好きだということはよく聞くけれど、飼い始めの頃はいつから豆苗を与えて良いかと迷うこともあるかと思います。今回は、文鳥に与える豆苗の適量や頻度について紹介します。

Sponsored Links

文鳥に豆苗を与えるのはいつから?

文鳥,豆苗,いつから,量,頻度,与え方,画像1文鳥を雛から育てる場合は、生後4週齢くらいまで挿し餌で育てます。挿し餌とは、スポイトなどの給餌器で飼い主さんが雛の口へ直接餌を与えることを言います。

この時に与える餌は、パウダーフードにぬるま湯を加えたものですが、生後4週齢以上になると、徐々に文鳥が自分で餌を食べられるようになってきます。このタイミングで豆苗を与えることが多いです。

しかし、挿し餌の段階で豆苗や小松菜などの野菜をすり潰してパウダーフードと一緒に与えることもあるので、必要であればいつから与えても良いと言えます。

基本的には、文鳥に豆苗などの野菜を与える主な目的はビタミン補給です。文鳥の雛に必要なビタミン類がパウダーフードに含まれている場合は、豆苗を与えなくてはいけないというわけではないのです。

初めて豆苗を見る文鳥は、豆苗が食べ物であると認識できないことがあります。豆苗の葉を嘴でつついて遊んでいるうちに、食べて良いものだと学習していきます。

Sponsored Links

豆苗の与え方

スーパーなどで購入した根っこ付きの豆苗を、文鳥が食べる量だけ切って菜差しで与えると良いでしょう。豆苗の根の部分には毒性がある言われており、文鳥に与えることは良くないとされているので、根は切り落として菜差しにするのが無難です。

まだ食べない根っこ付きの豆苗は、タッパーなどに水を入れて栽培しておくと長持ちします。一度葉の部分を切り取っても、タッパーで水耕栽培していると、再び脇芽が生えて復活します。タッパーの水は毎日交換しておくと、豆苗を切っても再び生えてきて2~3回は収穫できす。

Sponsored Links

豆苗の適量と頻度

文鳥,豆苗,いつから,量,頻度,与え方,画像2文鳥の主食は混合シードであって、豆苗などの野菜はあくまで副食です。主食にペレットを与えている場合は、ペレットに必要なビタミン類が含まれているので、必ずしも野菜を与えないといけないというわけではありません。ですから、豆苗はおやつ程度に与えるだけで十分です。

大抵は、1回の食事で豆苗の葉を3、4枚食べる程度で満足して、豆苗よりも主食の混合シードを食べることが多いように思えます。主食が食べられないほど量の豆苗を文鳥が食べることは稀です。

豆苗を与える頻度は、毎日与えても良いですが、できれば文鳥が食べることができる野菜をいろいろ与えてあげると良いでしょう。

野菜を与える主な目的は混合シードでは十分に摂れないビタミン類を補うためです。特にビタミンAを多く含む野菜を与えることが望ましいです。豆苗や小松菜、チンゲン菜などおすすめです。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥の撫で方と撫でる場所!撫でると口を開ける時は?

荒鳥の文鳥を手乗りにするには?手乗り崩れになる原因とは?

ウサギが牧草を散らかす対策!おすすめの牧草入れを紹介!

犬が食事中に吠える・怒る・唸る理由は?食べ過ぎてぐったり苦しそう

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

文鳥
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール