猫の近所トラブルを防ぐ!愛猫家が守るべきマナー

猫に関する近所トラブルを防ぐために、飼い主さんは地域に配慮してマナーを守ることが大切です。家庭内では、猫の食事や生活環境を管理して、お互いに末永く幸せに暮らせるようにしましょう。

今回は猫の近所迷惑を避けるために知っておくべき事をいくつか紹介します。猫砂の処分や夜鳴きなど、1つひとつ解説していきます。

Sponsored Links

猫の近所トラブルを防ぐ

猫-近所-トラブル-迷惑-鳴き声-画像猫と生活を共にしていると、必ず出るゴミがトイレの猫砂です。猫砂はいろいろな素材のものが市販されているので、捨てる時は近所トラブルにならないように、地域のルールに従って処分をしてください。ゴミの分別の基準などは地域によって異なります。まずは、自分の猫に使っている猫砂が何の素材でできているのかを確認しましょう。

また、鳴き声や臭いなどでも迷惑をかけないように注意しましょう。猫の臭い対策は様々な消臭グッズがあります。トイレの猫砂も消臭できる素材で作られているものが市販されています。嫌な臭いが外に漏れにくい特殊な構造になったペット用のゴミ箱もあります。

Sponsored Links

猫は基本的に夜行性の動物なので、夜に活発になり夜鳴きを繰り返すことがあります。特に人の生活リズムに順応できていない子猫の時期に夜鳴きに悩まされる飼い主さんも少なくありません。毎晩、大きな声で猫に鳴かれては近所トラブルの要因になりかねないので、しっかり対応したいところです。猫の夜鳴きの理由と対策については以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

猫の夜鳴き・夜暴れる理由と対策!寝れないで鳴く原因は夜行性なのか?
生物学的に言えば、ネコ科の動物は夜行性です。そのため、猫の夜鳴きと夜暴れるのは本能的な行動と言えます。猫という言葉の由来は、猫は夜行性で昼間はよく寝るから「寝子(ネコ)」という意味で呼ばれるようになったという説があります。ただし...

生活環境を清潔に保つ

猫-近所-トラブル-迷惑-シャンプー-画像ペットとして猫を飼う場合は、一生を家の中で育てる完全室内飼育が推奨されています。室内で飼い主さんと一緒に過ごす家猫は、事故やケガの可能性が低いため、長寿の傾向があります。

外で生活できなのは可哀そうと感じ方もいるかもしれませんが、本来、猫は縄張り意識の強い動物で、家の中が安全なテリトリーだと認識すると、その外には出たがらないのが普通です。できれば室内で共に暮らし、ベランダや庭に出す程度にとどめた方が安心です。

外猫はノミや回虫などに寄生されるリスクが高く、これらの寄生虫は危険な病気を媒介するため猫にも人にも害をなします。猫には動物病院で処方される駆虫薬を活用し、生活環境を清潔に保ち、年間を通してしっかり予防しましょう。

外猫を家猫にすることは簡単ではありませんが、飼い主さんの愛情があればできないことではありません。以前に外猫を家猫にする方法について書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

外猫を家猫にする方法
外猫はケガや事故などの危険性があるため、できれば家猫にしたいと考える飼い主さんが多いと思います。外での生活と家の中での生活を繰り返す猫は、ノミを室内に持ち込む心配もあります。今回の記事では、外猫を家猫にする方法について紹介します。

無駄な交配を防ぐ

猫は発情期に入ると独特の大きな鳴き声をあげます。この鳴き声に反応して地域の猫が集まってくることもあります。この仲間を呼ぶ大きな鳴き声は近所トラブルの原因になることがあります。交配を望まないのであれば、去勢・不妊手術を済ませましょう。手術の助成金制度を定めている地域もあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

家猫でもオスとメスの多頭飼いの場合は、想定外の交配で増えてしまうことがあります。手に余るほどの猫の飼育は、やがては猫の鳴き声や臭いなどで近所トラブルの原因になる可能性があるので注意が必要です。

Sponsored Links

猫の生涯に責任を持つ

飼い主さんは猫の生涯に責任を持って終生共に暮らしましょう。2013年に改正動物愛護法が施行され、心ない人の身勝手な理由による動物の引き取りを、自治体が拒否できるようになりました。猫を飼う前にもう一度本当に責任を持って飼育できるのかを考えてみて、安易に迎えることは避けましょう。

これから猫を飼いたいと思っている方のために、猫を飼って後悔しないために知っておく事を書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

猫を飼いたい人必見!猫を飼って後悔しないために知っておく事
猫を迎える方法は、主に「買う(購入)」「貰う(護渡)」「拾う(保護)」の3つがあります。猫を飼いたい人は、飼って後悔しないためにも、これらに関する注意点を事前に知っておく必要があります。飼う猫を選び前に、まずは家庭にあったタイプの猫を考...

Sponsored Links

おすすめの記事

猫のトイレ「砂飛び散り・臭い」対策

猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主に爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

猫が前足をたたむ・フミフミする・前足でチョンチョンするなど、前足に関する不思議な行動を紹介!

猫が肩に乗る理由・猫が背中に乗ってくるのは訳がある

猫がおもちゃで遊ばない!飽きる時に試したい遊び方のコツ!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール