レオパをハンドリングするコツ!嫌がる時は?

ハンドリングとは、爬虫類をペットとして飼育されている飼い主さんの間でよく使われる言葉で、ペットを手の上に乗せてスキンシップをすることを言います。もちろん、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の場合もハンドリングする飼い主さんはいらっしゃいます。

慣れているレオパであればハンドリングしても全く動じませんが、個体によってはハンドリングを嫌がる子も少なくありません。ハンドリングでスキンシップをするまではいかなくても、ケージの掃除の時にはどうしてもレオパを移動させなくてはいけないので、レオパを手に乗せるコツのようなものは知っておくと役立つと思います。今回は、レオパをハンドリングするコツと注意点を紹介します。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)のハンドリングは本当に必要なの?

レオパに限らず、ペットの爬虫類をハンドリングすることについては肯定派と否定派がいて、どちらが正しいのかは一概に言うことはできません。賛否あるのには理由があって、ハンドリングすることのメリットとデメリットの両方があるからです。

ハンドリング肯定派の意見としては、レオパをハンドリングに慣らしておくことで、ケージの掃除の時に移動しやすかったり、触れ合うことで体の異変に気付きやすかったり、何よりも可愛いペットとスキンシップができるというメリットがあります。

一方、ハンドリング否定派の意見としては、本来、野生下のレオパは人間の手に乗る機会はほとんど無く、その必要性も低いと考えられています。また、レオパをハンドリングすることでストレスをかけてしまい、その負担から体調を崩す可能性も指摘されています。

これは、あくまで個人的な意見ですが、レオパのハンドリングについては、肯定派でも否定派でもありません。レオパの性格は非常に個体差があり、ハンドリングに全く動じないレオパもいれば、人間の手を警戒して威嚇行動をとるレオパもいます。また、ハンドリングが始めての時は嫌がる仕草を見せていても、次第に慣れていくレオパもいます。ですから、個体の性格によって対応するのが良いのかと思います。

ただし、レオパをハンドリングして触れ合うまではいかなくても、ケージを掃除する時など、飼育上どうしてもレオパを移動させなくてはいけないことがあるので、レオパを手に乗せるコツのようなものは知っておく必要があるように思えます。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)のハンドリングのコツ

ハンドリングは「持つ」ではなく「乗せる」

ハンドリングのコツは、レオパを手で持つのではなく、レオパを手のひらですくい上げるように乗せるのが基本です。レオパの体を強く掴むのはNGです。レオパの体の側面からお腹の下に手のひらを入れて、優しくすくい上げるように乗せます。

レオパを手に乗せる時は、レオパの頭上から手を近づけるのではなく、レオパの側面からゆっくり手を近づけていくのが、上手にハンドリングするコツです。レオパの頭の上から手を覆い被せるように近づけると、レオパが警戒して逃げることがあるのでNGです。

レオパが手の上に乗って、じっと動かず落ち着いていれば、上手にハンドリングできている状態です。暴れて嫌がるようでしたら、レオパに負担がかからないように、無理にハンドリングするのは止めましょう。

Sponsored Links

ハンドリングする時の注意点

レオパをハンドリングする際に最も注意しなくてはいけない点は、万が一レオパが手から落下してもケガの心配がない高さで行うということです。レオパを飼育していれば、おそらく気付いている方も多いと思いますが、レオパは遠くのものがはっきりと見えていません。近くにいる生き餌の動きに反応できるほど動体視力は良いのですが、少し遠くに生き餌が行ってしまうと全く気付かないことがあります。

ですから、レオパを乗せた手を高い位置に上げると、レオパはどのくらい高いのか把握できずに、自ら落下することがあるので非常に危険です。そもそも、手の上からレオパが逃げるような動きをした場合は、嫌がる仕草なのですぐにハンドリングを止めるようにしましょう。

レオパはヤモリの仲間ですが、自力で壁面に登ることができません。そのため、自分の全長よりも高い場所に行くことがあまりないので、人間の手に乗って高い位置にいること自体、不自然なことなので、ハンドリングをやったとしても2、3分程度の軽いスキンシップに止めておいた方が無難です。

また、食後にレオパをハンドリングすると、吐き戻しの恐れがあるので、避けた方が無難です。いずれにせよ、長時間のハンドリングはレオパに負担をかけてしまうので止めましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパが尻尾をゆらゆら振る・ぶるぶる震わせる意味は?

レオパが床材を掘る3つの理由

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

フトアゴヒゲトカゲの脱皮前・脱皮中の注意点!頻度を記録しておこう!

ベタの色が薄くなる・色が濃くなる原因!退色予防にはフレアリング!

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類

癒しのアニマルグッズ

心も体も癒される動物の抱き枕

もちもちな優しい触り心地で、まるでペットを飼っているような可愛さと安心感が得られる抱き枕です。最高の肌触りと柔らかな使い心地で心も体も癒されます。

抱き枕の大きさは、Mサイズ(全長約53㎝)とLサイズ(全長約70㎝)の2種類があります。シロクマやプードル、ミケネコなど、30種類以上の動物の抱き枕があるので、お好みのものを選ぶことができます。

プニプニした触り心地の猫型加湿器

この商品は、プニプニ触感のシリコン素材で出来た猫型加湿器です。寝室によく合う暖色系のランプ機能が搭載されているので、ベッドサイドランプとしても使用できます。

この加湿器は、空焚き防止機能が搭載されており、水が不足すると自動的に電源オフになるので安心です。お好きなアロマオイル(別売り)をタンクに垂らして、癒しのひとときを堪能してみてはいかがでしょうか。

可愛い動物親子のティーセット

この商品は、ティーポットが動物の親のデザインで、ティーカップが動物の子供のデザインになっているティーセットです。

たとえば、カエルの親子をモチーフにした食器は、ティーポットがカエルで、ティーカップがオタマジャクシになっています。その他にも、ゾウやニワトリ、シマエナガなどの、可愛い動物の親子をモチーフにしたデザインがあります。

おすすめのレオパードゲッコー用品

給餌用ピンセットはカーブタイプを選ぶ

created by Rinker
スドー
¥1,394 (2022/10/01 19:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

レオパードゲッコー(愛称:レオパ)に餌を与える際の必須アイテムと言えばピンセットですが、一口にピンセットと言っても、形や素材の異なる様々な商品があります。

給餌用ピンセットを選ぶポイントは「安全性」と「摘まみやすさ」です。レオパは餌に向かって勢いよくかぶりついてくるので、誤ってピンセットの先端がレオパの目に入ってしまうことがあります。それを防ぐために、給餌用ピンセットはカーブタイプを使用して、先端をレオパに向けないように給餌するようにしましょう。

ピンセットの素材は、金属製、竹製、プラスチック製などがあり、ピンセットは硬い素材ほど細かいものを摘まみやすい傾向があります。安全性を考えると柔らかい素材の方が良いのですが、摘まみにくくては給餌作業が大変です。ここでは、細かいものでも摘まみやすい金属製で、カーブタイプのピンセットをおすすめします。

素焼きのウェットシェルター

created by Rinker
スドー
¥623 (2022/10/01 17:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

レオパの飼育は湿度60~70%程度を保つことが重要で、高湿度の環境を局地的に作るためにはウェットシェルターが必要です。

この商品は陶器製のウェットシェルターで、上部に水を溜めることで内部が高湿度の状態になります。

特に脱皮の期間に乾燥し過ぎると、レオパが脱皮不全を起こすことがあるので注意が必要です。ウェットシェルターの側面が素焼きのザラザラとした表面になっているので、レオパが体を擦り付けながら脱皮することができます。

消臭効果が期待できるソイル

created by Rinker
ジェックス
¥870 (2022/10/01 20:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

このソイルは天然の赤土を3㎜程度の粒状にしたもので、ソイルの多孔質構造により糞尿の臭いが吸収されて、消臭効果が期待できます。糞とソイルが一緒にまとまるので掃除が簡単です。

ソイルは小粒で崩れやすいので、成体のレオパであれば少しくらい誤飲しても排便と一緒に出てくることが多いですが、万が一のことを考えると、ソイルの上では給餌しない方が無難です。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール