レオパをハンドリングするコツ!嫌がる時は?

ハンドリングとは、爬虫類をペットとして飼育されている飼い主さんの間でよく使われる言葉で、ペットを手の上に乗せてスキンシップをすることを言います。もちろん、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の場合もハンドリングする飼い主さんはいらっしゃいます。

慣れているレオパであればハンドリングしても全く動じませんが、個体によってはハンドリングを嫌がる子も少なくありません。ハンドリングでスキンシップをするまではいかなくても、ケージの掃除の時にはどうしてもレオパを移動させなくてはいけないので、レオパを手に乗せるコツのようなものは知っておくと役立つと思います。今回は、レオパをハンドリングするコツと注意点を紹介します。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)のハンドリングは本当に必要なの?

レオパに限らず、ペットの爬虫類をハンドリングすることについては肯定派と否定派がいて、どちらが正しいのかは一概に言うことはできません。賛否あるのには理由があって、ハンドリングすることのメリットとデメリットの両方があるからです。

ハンドリング肯定派の意見としては、レオパをハンドリングに慣らしておくことで、ケージの掃除の時に移動しやすかったり、触れ合うことで体の異変に気付きやすかったり、何よりも可愛いペットとスキンシップができるというメリットがあります。

一方、ハンドリング否定派の意見としては、本来、野生下のレオパは人間の手に乗る機会はほとんど無く、その必要性も低いと考えられています。また、レオパをハンドリングすることでストレスをかけてしまい、その負担から体調を崩す可能性も指摘されています。

これは、あくまで個人的な意見ですが、レオパのハンドリングについては、肯定派でも否定派でもありません。レオパの性格は非常に個体差があり、ハンドリングに全く動じないレオパもいれば、人間の手を警戒して威嚇行動をとるレオパもいます。また、ハンドリングが始めての時は嫌がる仕草を見せていても、次第に慣れていくレオパもいます。ですから、個体の性格によって対応するのが良いのかと思います。

ただし、レオパをハンドリングして触れ合うまではいかなくても、ケージを掃除する時など、飼育上どうしてもレオパを移動させなくてはいけないことがあるので、レオパを手に乗せるコツのようなものは知っておく必要があるように思えます。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)のハンドリングのコツ

ハンドリングは「持つ」ではなく「乗せる」

ハンドリングのコツは、レオパを手で持つのではなく、レオパを手のひらですくい上げるように乗せるのが基本です。レオパの体を強く掴むのはNGです。レオパの体の側面からお腹の下に手のひらを入れて、優しくすくい上げるように乗せます。

レオパを手に乗せる時は、レオパの頭上から手を近づけるのではなく、レオパの側面からゆっくり手を近づけていくのが、上手にハンドリングするコツです。レオパの頭の上から手を覆い被せるように近づけると、レオパが警戒して逃げることがあるのでNGです。

レオパが手の上に乗って、じっと動かず落ち着いていれば、上手にハンドリングできている状態です。暴れて嫌がるようでしたら、レオパに負担がかからないように、無理にハンドリングするのは止めましょう。

Sponsored Links

ハンドリングする時の注意点

レオパをハンドリングする際に最も注意しなくてはいけない点は、万が一レオパが手から落下してもケガの心配がない高さで行うということです。レオパを飼育していれば、おそらく気付いている方も多いと思いますが、レオパは遠くのものがはっきりと見えていません。近くにいる生き餌の動きに反応できるほど動体視力は良いのですが、少し遠くに生き餌が行ってしまうと全く気付かないことがあります。

ですから、レオパを乗せた手を高い位置に上げると、レオパはどのくらい高いのか把握できずに、自ら落下することがあるので非常に危険です。そもそも、手の上からレオパが逃げるような動きをした場合は、嫌がる仕草なのですぐにハンドリングを止めるようにしましょう。

レオパはヤモリの仲間ですが、自力で壁面に登ることができません。そのため、自分の全長よりも高い場所に行くことがあまりないので、人間の手に乗って高い位置にいること自体、不自然なことなので、ハンドリングをやったとしても2、3分程度の軽いスキンシップに止めておいた方が無難です。

また、食後にレオパをハンドリングすると、吐き戻しの恐れがあるので、避けた方が無難です。いずれにせよ、長時間のハンドリングはレオパに負担をかけてしまうので止めましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパが尻尾をゆらゆら振る・ぶるぶる震わせる意味は?

レオパが床材を掘る3つの理由

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

フトアゴヒゲトカゲの脱皮前・脱皮中の注意点!頻度を記録しておこう!

ベタの色が薄くなる・色が濃くなる原因!退色予防にはフレアリング!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール