水槽用ヒーター「温度固定式ヒーター」と「温度可変式ヒーター」の違い

熱帯魚の飼育において必須アイテムといえば、適切な水温を保つための水槽用ヒーターが挙げられます。水槽用ヒーターは、主に「温度固定式ヒーター」と「温度可変式ヒーター」の2種類があり、それぞれの特徴に違いがあります。

Sponsored Links

水槽用ヒーター「温度固定式ヒーター」と「温度可変式ヒーター」の違い

温度固定式ヒーターの特徴

あらかじめ設定温度が固定されている。
小型水槽向け。
コンパクトサイズ。
比較的価格が安い。

水槽用ヒーター,温度固定式ヒーター,温度可変式ヒーター,違い,画像温度固定式ヒーター(オートヒーター)は、その名の通り温度がもともと固定されている水槽用ヒーターです。ですから、自分で好みの温度に調節することができません。この点が温度調節ができる温度可変式ヒーターとの大きな違いになります。

温度固定式ヒーターは、自動温度調節器が本体に内蔵されていて、固定温度よりも高低差があると、それに伴い自動温度調節器によって自動的に電源がON/OFFに切り替わり、一定の温度を保つ仕組みになっています。

温度固定式ヒーターは、45cm以下くらいの小型の水槽に使用することが一般的です。このタイプのヒーターはコンパクト設計になっており、ワット数も低く、水を温める力が弱いの特徴です。ですから、小型の水槽向けで、比較的価格も安いです。

Sponsored Links

温度固定式ヒーターは、あらかじめ設定温度が固定されているので、購入する前に、自分が飼育する成体の適正温度に合ったものを選ぶ必要があります。

熱帯魚に使用する温度固定式ヒーターの固定温度は、26℃程度に設定されていることが多いです。メダカ用のヒーターは、23℃程度に温度が固定されていて、金魚用のヒーターは、18℃程度に温度が固定されています。

おすすめの温度固定式ヒーター

温度可変式ヒーターの特徴

自由に設定温度を変更できる。
小型・中型・大型水槽で使用可能。
サーモスタット一体型とサーモスタット分離型がある。
比較的価格が高い。

温度可変式ヒーターの最大の特徴は、設定温度を自由に変更できるということです。サーモスタットという温度調節器があり、設定温度を手動で変更することが可能です。

温度可変式ヒーターで変更できる温度は商品によって異なりますが、大抵は15℃~35℃くらいまで温度変更できるものが多いです。

飼育する熱帯魚よっては、28℃以上の高水温を好む種類もいるので、26℃固定の温度固定式ヒーターでは育てられないこともあるのです。

Sponsored Links

また、体調不良の魚を癒すために、高水温環境を作りたいという場合に温度可変式ヒーターが必要になってきます。このように温度可変式ヒーターは、様々な用途の使い方ができるということも温度固定式ヒーターとの違いになります。

温度可変式ヒーターは、ワット数が高く、水を温める力が強いため60cm以上の中型・大型水槽で使用することができます。ただし、自由に温度調節ができるので、小型水槽でも使用可能です。

ワット数が高いので、温度固定式ヒーターと比べて温度可変式ヒーターの方が価格が高い傾向があります。

温度可変式ヒーターは、ヒーターとサーモスタット一体型と、ヒーターとサーモスタットが別々になっている分離型の2種類があります。

ヒーターは消耗が激しいため2年くらいで交換することが一般的です。一方、サーモスタットは3年~5年くらいはもちます。

ですから、ヒーターとサーモスタットを単独で交換できない一体型を使うよりも、ヒーターとサーモスタットを個別に交換できる分離型の温度可変式ヒーターの方がおすすめです。

おすすめの温度可変式ヒーター(分離型)

created by Rinker
ジェックス
¥1,920 (2022/05/21 21:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

Sponsored Links

おすすめの記事

水槽の油膜の原因と除去方法!キッチンペーパーで取るだけでは不十分!

グラミーが黒くなるのは婚姻色!泡巣が消える時は浮き草で防ぐ!

チンチラが寝る場所と寝る時間帯!睡眠時間はどのくらい?

犬が散歩で歩かない・嫌がる原因は?突然リードを引っ張る・吠える理由とは?

猫が肩に乗る理由・猫が背中に乗ってくるのは訳がある

熱帯魚

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

Sponsored Links

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール