文鳥とセキセイインコの違い!どっちが飼いやすい?

文鳥とセキセイインコは、どちらも人気のある小鳥で、初心者でも飼いやすいことで知られています。そのため、初めて鳥を飼育する場合は、文鳥とセキセイインコで迷うことがよくあります。

どちらを飼育するのかは、飼い主さんの好みで決めて良いのですが、飼育前に文鳥とセキセイインコの性質の違いを知っておくと、飼い主さんによってどっちが飼いやすいのかが判断しやすいと思います。

Sponsored Links

文鳥とセキセイインコの分類上の違い

文鳥は、スズメ目カエデチョウ科キンパラ属に分類される、スズメの仲間の鳥です。原産はインドネシアになります。

セキセイインコは、インコ目インコ科セキセイインコ属に分類される鳥で、原産はオーストラリアです。

文鳥は体長17㎝程度の小さな鳥です。セキセイインコは体長20㎝程度なので、文鳥よりも少し大きいという違いがあります。

Sponsored Links

文鳥とセキセイインコはどっちが飼いやすい?

文鳥とセキセイインコの飼いやすさについては、個体差や飼育環境によるところが大きいので、一概に言えませんが、動物の性質としては3つの違いが挙げられます。

1つ目は「鳴き声の大きさの違い」で、飼育環境によっては近所迷惑になる可能性があります。

2つ目は「糞の違い」で、鳥は所かまわず糞をするので、掃除のしやすさという点で比較できます。

3つ目は「ケージに戻しやすい」のはどっちかということです。朝の忙しい時間帯に、鳥がなかなかケージに戻ってくれない場合は困るものです。

鳴き声の大きさの違い

文鳥,セキセイインコ,違い,どっち,飼いやすさ,画像1文鳥の鳴き声は、セキセイインコと比べて小さな声で鳴きます。

文鳥はスズメの仲間なので、「チュンチュン」といったスズメの鳴き声の大きさを思い浮かべると分かりやすいと思います。

文鳥が機嫌が良い時や飼い主さんに甘える時は、「ピッピッ」と小さな鳴き声を出します。

セキセイインコの鳴き声は、文鳥と比べて甲高い声で鳴きます。高い声は周囲に響くので、アパートやマンションなど飼育環境によっては、隣人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

ですから、文鳥はアパートやマンションでも飼いやすいですが、セキセイインコは一戸建てじゃないと、近所迷惑になるかもしれません。

Sponsored Links

糞の違い

文鳥やセキセイインコは、トイレのしつけができないので、放鳥時には所かまわず糞をしてしまいます。

放鳥時に、文鳥とセキセイインコが糞をする回数は、どちらも10分に1回程度です。

文鳥とセキセイインコの糞の大きさはほぼ同じですが、文鳥の糞は緩いので、すぐ拭き取らないといけません。セキセイインコの糞は硬いので、簡単に取り除けます。

糞の処理は、ウェットティッシュがあると便利です。放鳥時に使用するウェットティッシュについては、以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

インコの放鳥時のフン処理!ウェットティッシュは安全なものを使いたい
放鳥時のインコは、部屋の至る所でフンをしてしまいます。そんな時にフン処理を行う便利なアイテムとしてウェットティッシュが挙げられますが、できればインコが触れる物を拭き掃除する場合は、安全な成分でできたウェットティッシュを使ってあげたいものです...

ケージに戻しやすいのはどっち?

文鳥,セキセイインコ,違い,どっち,飼いやすさ,画像2文鳥とセキセイインコは、朝と夕方の1日2回放鳥させるのが一般的です。朝の放鳥は、飼い主さんが仕事に行く前に行うことが多いで、放鳥後になかなかケージに戻ってくれないと困るものです。

文鳥は、「手乗り文鳥」と言う言葉があるくらい、飼い主さんの手が大好きで、懐いている文鳥であれば、手に乗せてケージまで運ぶことは簡単です。

セキセイインコは、オモチャなどでひとりで遊ぶことが多く、放鳥時になかなかケージに戻ってくれないことがあります。個体によっては体を触られることを嫌う子もいるので、朝は時間に余裕をもって放鳥させないと、出勤時間がどんどん迫ってきます。

放鳥に関しての飼いやすさで言えば、セキセイインコよりも文鳥の方が楽だと思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥の放鳥時間は?戻らない時のケージの戻し方を紹介!

文鳥の撫で方と撫でる場所!撫でると口を開ける時は?

水槽用ヒーター「温度固定式ヒーター」と「温度可変式ヒーター」の違い

犬が穴を掘る理由と対策

猫がトイレ以外で尿をする6つの原因と対策

文鳥

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

Sponsored Links

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール