フクロモモンガの多頭飼い!オス同士とメス同士はケージ内で同居できるのはどっち?

今回は、フクロモモンガの多頭飼いについて紹介します。2匹のフクロモモンガを飼育する場合は、オス同士とメス同士のどちらが良いのだろうか。または、オスとメスを1匹ずつで2匹の多頭飼いをしている場合、3匹目はオスとメスのどちらをお迎えしたら良いのかなど、フクロモモンガの多頭飼いに関する様々なことを解説していきます。

Sponsored Links

フクロモモンガを多頭飼いできるのはオス同士とメス同士のどっち?

フクロモモンガ,多頭飼い,オス同士,メス同士,ケージ,画像1結論から言うと、フクロモモンガの多頭飼いはオス同士がNGで、メス同士が望ましいです。

野生のフクロモモンガは、10匹程度の小規模な群れを作って生活しています。群れにはリーダーとなる1匹のオスが存在し、相性が悪いオス同士では縄張り争いがあるのです。

飼育下においては、初めにオスのフクロモモンガを飼っている場合、後から別のオスをお迎えすると、先住のフクロモモンガの縄張りに入ることになるので、お互いの性格次第では争いが起こる可能性があります。

または、先住のフクロモモンガがオスで、後からメスをお迎えする場合は、当然ですが繁殖する可能性があります。繁殖を目的としない場合は避けるべきです。またはオスの去勢が必要になります。

Sponsored Links

すでに、オスとメスを1匹ずつ飼育していて、そこに3匹目をお迎えしたいという場合は、メスのフクロモモンガが良いかと思います。なぜなら、メス1匹に対してオス2匹では、異性の奪い合いが起こる可能性があるからです。ですから、3匹の多頭飼いはオス1匹+メス2匹、あるいはメス3匹が望ましいです。

ただし、オス同士の多頭飼いが成功した事例もあります。オス同士のフクロモモンガを同じケージ内で複数飼った場合、1匹のリーダーが誕生し、1つの群れが形成されることがあるのです。お互いの性格によっては多頭飼いが成功するかもしれませんが、オス同士が喧嘩をするリスクを考えると、このような飼い方は避けた方が無難と言えます。

メス同士の多頭飼いの意外なメリット

フクロモモンガ,多頭飼い,オス同士,メス同士,ケージ,画像2フクロモモンガの多頭飼いは、オス同士よりもメス同士の方が喧嘩しにくい傾向があります。そのことから、一般的にはメス同士の多頭飼いの方が良いとされています。

ただし、メス同士でも発情期になると喧嘩しやすかったり、お互いの性格が合わないと争うこともあります。結局、生き物の多頭飼いは、お互いの相性の問題によるところが大きいです。

メス同士の多頭飼いには意外なメリットもあります。それはオスの飼育よりも臭いが少ないことです。フクロモモガのオスには頭と胸に臭腺があり、この部分も擦り付けることでマーキングします。また、糞尿でマーキングすることもあるので、オスの排泄物はとても臭いです。ですから、オスを多頭飼いしていると糞尿の臭いだけでも、かなりの悪臭になります。

Sponsored Links

それに比べてメスの糞尿はオスほど臭くないので、獣臭が気になるという方には、メスの飼育をお勧めします。性格もオスに比べてメスの方が穏やかな子が多い傾向があるので、これからフクロモモガを飼育しようと考えている方には、メスの単独飼いから始めるのが無難です。

Sponsored Links

おすすめの記事

フクロモモンガが頭をスリスリ擦るマーキング!飼い主さんに擦り付けてくる時は?

フクロモモンガの「部屋んぽ」と「蚊帳んぽ」おすすめはどっち?散歩の時間はどのくらい?

モルモットの毛づくろいの意味!頻繁にする時は?

初めて犬を飼う(犬種・準備・費用)初心者でも飼いやすい犬ランキングを紹介!

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フクロモモンガ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール