犬がウンチを食べる?うれしょんの原因は?犬の粗相の理由と対策を紹介!

犬が不適切な場所で突然ウンチやオシッコをしてしまうことがあります。

犬が嬉し過ぎて大興奮!思わずオシッコをしてしまう「うれしょん」や、犬が目の前のウンチを食べてしまうこともあります。

今回の記事では、犬が粗相をしてしまう理由と対策について紹介します。

Sponsored Links

犬がウンチを食べる?

愛犬が自分のウンチを食べているところを初めて目撃した飼い主さんは、とても驚いてしまうと思います。

しかし、犬がウンチを食べることは、ごく自然に行われることなのです。

人の常識からすれば、ウンチは汚いもので普通は食べるなんて考えられないことですが、犬にとってはそうではありません。

ウンチには、吸収しきれなかった栄養がまだ残っていて、犬はおやつ代わりに食べることがあります。

Sponsored Links

犬が自分で排泄したウンチを食べるのなら健康に悪くはありません。

犬にとっては、ウンチを食べてなぜ怒られるのか?理由が分からないという感じなのでしょう。

それでも、飼い主さんからしてみれば、愛犬がウンチを食べるなんて良くないことです。

ウンチを食べた口で、そのまま口を近づけてくるのも抵抗があります。

愛犬がウンチを食べる対策としては、目の前にウンチがあると、ついつい食べてしまうものなので、すぐに片づけることと、食べてしまった時に注意することです。

犬がウンチを食べてしまった時に大騒ぎしてはいけません。そのことが原因で食べてしまうことがあります。

周りの人が騒いだのも犬にとっては嬉しい反応なので、食べると人が喜んでくれると勘違いしてしまいます。

しつける時は、凛とした態度でしっかり注意しましょう。

犬-ウンチを食べる-うれしょん-原因-理由-対策-困った顔-画像2

不適切な場所で急にオシッコやウンチをしてしまう

オシッコとウンチを何時間でも溜め込む犬は珍しくありません。

犬にとっては我慢しているという自覚はなく、膀胱がパンパンに膨れてしまうまで溜め込むことが多い。

人間の場合は、それほど尿意がなくても、映画を見る前にトイレに行っておくということがあります。

しかし、犬の記憶はとても断片的で物事を関連づけて考えることはあまりありません。

犬がオシッコをする時は、尿意が高まった時がオシッコをしたい時なのです。

ですから、オシッコやウンチをする時は、急に排泄することが多い。

「うれしょん」とは?原因と対策

うれしょんとは、犬が大好きな人などに会うと大興奮して、あまりに嬉し過ぎてオシッコをしてしまうことを言います。

犬が嬉し過ぎて思わず小便を漏らしてしまう。略して「うれしょん」です。

嬉し過ぎてオシッコを漏らすなんて憎めない存在ですが、飼い主さんにとっては大変です。

犬がうれしょんしてしまう原因の1つが、子犬の時にオシッコが上手くできると飼い主さんにほめられた記憶を体で覚えているためだと言われています。

また、オシッコをすると周りの人が大騒ぎをするので、喜んでもらえると勘違いしているケースもあります。

うれしょんを止めさせるための対策は、愛犬がうれしょんをしても心を鬼にして無視を徹底しましょう。

大興奮だった愛犬が落ち着きを取り戻したら十分かまってあげると良いでしょう。

うれしょん対策のポイントは、愛犬を興奮させないように対応することです。

Sponsored Links

愛犬がトイレを覚えない

室内犬がトイレを覚えないで、部屋のあちこちにオシッコをしてしまって困るというケースがあります。

もともと犬には、決まった場所で排泄を行う習慣がありません。

部屋の中でも、犬にとっていろいろな場所で排泄するのは普通のことなのです。

ですから、部屋のあちこちでオシッコをしても悪いことをしたという意識はないのです。

それでも、犬がオシッコをしたくない場所があります。それは寝床の近くです。

トイレシートが寝床の近くにあることが理由で、なかなかトイレを覚えてくれないということがあります。

愛犬がトイレを覚えてくれない時の対策は、まずは汚されて困る高級なカーペットやお気に入りの観葉植物などは部屋から除いておくことが大切です。

汚されてイライラする前に、粗相をされて困る物はなくしてしまう方が良いでしょう。

それから、トイレシートの置き場所が寝床から近かったら離す。

トイレの場所は一度決めたら変えない。

汚れたトイレシートはこまめに取り替える。

そして、愛犬がオシッコを失敗してトイレからはみ出すことがあっても叱ってはいけません。

オシッコを失敗してしまった愛犬を叱ってしまうと、排泄そのものがいけないことだと思ってしまって、なかなかトイレを覚えない原因になってしまいます。

犬-ウンチを食べる-うれしょん-原因-理由-対策-画像

散歩中のオシッコは自己PR

散歩中に愛犬があっちにオシッコ、こっちにもオシッコと、なかなか進まないということがあります。

犬は、自分の存在を他の犬たちに匂いで知らせるため、オシッコをいろいろな場所にかけて「マーキング」をします。

頻繁にマーキングをして自己PRをするのは、オスの犬に多いと言われています。

犬にとっては、オシッコをした痕跡は大切なものですが、飼い主さんが水で流しておくのがマナーです。

散歩中は、水の入ったペットボトルを持ち歩くなどして消しておきましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

老犬・シニア犬がご飯食べない(水は飲む/寿命/食事メニュー/おやつは食べる)病気以外で食欲がない原因とは?

犬が触られて喜ぶ場所・嫌がる場所!触ると怒る初対面の犬への接し方を紹介!

猫の肉球の数と色の秘密!肉球の間の毛の切り方や肉球の皮がむける・ひび割れるの対処法などを紹介!

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

アカヒレ(コッピー)の飼育は初心者でも簡単!水槽や水温、水草、寿命など育て方を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール