鳥かごの下に敷くものは?インコが床材を食べる時はどうする?

インコの飼育で、鳥かごの下に敷くものは何を使えば良いのでしょうか。今回は、ケージの床に使えるバードシーツと小鳥用床材を紹介します。小鳥用床材を使う際には、インコが床材を食べることが稀にあるので注意しましょう。

Sponsored Links

鳥かごの下に敷くものはどうする?

鳥かご,下に敷くもの,インコ,床材,食べる,画像1

インコの鳥かごの下に敷くものは、ペーパー類か、もしくは木くずなどの床材を使います。

ケージの床のトレイに、新聞紙やキッチンペーパーなどを敷くこともありますが、小鳥用のバードシーツが販売されているので、このようなものを使用すると便利です。

インコなどの鳥類は、糞と尿が同じところから同時に排泄されるので、排泄物には水分が多く含まれています。セキセイインコよりもオカメインコの方が、排泄物が水っぽい傾向があります。

Sponsored Links

鳥かごの下に敷くバードシーツの表面は、吸収力のあるクレープ紙になっており、バードシーツの裏面は水分を通さないラミネート加工になっています。

鳥かごの下に敷くものは、新聞紙やキッチンペーパーなどで代用しても良いのですが、バードシーツを使うと裏面まで排泄物が染み込まないので、お掃除がラクになります。バードシーツは、1枚ずつカットされているものよりも、ロールタイプのものの方がコスパが良いのでおすすめです。

バードシーツ

created by Rinker
P2&アソシエイツ
¥1,499 (2024/07/23 03:49:51時点 Amazon調べ-詳細)
PR

インコを飼育する際には、鳥かごの下にペーパー類を使うことが多いですが、木くずなどの床材を使用することもあります。特に雛鳥を飼育する際には、木くずの床材はクッション性があるので最適です。雛鳥の排泄物は水分が多いので、吸収性の高い木くずの床材が役に立ちます。

鳥かごの下にペーパー類を使う場合は、排泄物で汚れたら1枚まるごと交換しなくてはいけませんが、木くずなどの床材を使用した場合は、排泄物で汚れた箇所のみを取り除くだけで大丈夫です。床材が全体的に汚れてきたら、定期的に全部の床材を交換します。

小鳥用床材

created by Rinker
Sanko
¥880 (2024/07/23 03:49:51時点 Amazon調べ-詳細)
PR

インコが床材を食べる時はどうする?

鳥かご,下に敷くもの,インコ,床材,食べる,画像2

インコが木くずなどの床材を食べる疑いがある場合は、まずは、本当に床材を飲み込んでいるのかどうかを、じっくり観察して確認してください。

インコは目の前にある物を嘴でつついたり、咥えたりして確認する習性があります。特にセキセイインコは好奇心旺盛なので、木くずや小枝を咥えて遊んだり、鳥かごの下に敷いたペーパー類をつついてボロボロにしてしまったり、様々な物を嘴で咥えます。ですから、単に床材を嘴で咥えて遊んでいるのか、それとも床材を飲み込んでしまっているのかを、しっかり見極める必要があるのです。

Sponsored Links

しっかり観察した結果、インコが本当に床材を食べる時は、床材を使うことを止めてバードシーツなどのペーパー類を使用するようにしましょう。成鳥の場合は、バードシーツを嘴でつつかないように、糞切り網を使用すると良いでしょう。

ここで紹介している小鳥用床材の「バードマット」の注意書きには、「生き物が多量に本品を口にするような場合は、使用を中止してください。」と記載されています。ただし、インコが床材を多量に食べるということは稀なことです。インコは、嘴の長さを調節するために木をかじる習性はありますが、木をかじって食べることはほとんどありません。

バードシーツ

created by Rinker
P2&アソシエイツ
¥1,499 (2024/07/23 03:49:51時点 Amazon調べ-詳細)
PR

小鳥用床材「バードマット」

created by Rinker
Sanko
¥880 (2024/07/23 03:49:51時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

インコの寝る時間(睡眠時間)と寝る場所は?寝床は必要あるの?

文鳥が喜ぶことは?嘴を指で摘まむと喜ぶ理由とは?

レオパは夜行性!夜の電気はどうする?

子供がいる家庭で犬を飼う場合の注意点

飼い猫の8割以上が雑種!三毛猫やキジトラ、サバトラで性格が決まるわけではない!