水槽の底砂掃除の頻度は?おすすめのポンプはコレ!

熱帯魚の飼育において、水槽の水替えの頻度は飼育書などに明確に記載されていますが、底砂の掃除の頻度は意外と曖昧なものです。今回は、底砂掃除の頻度の目安や、底砂を綺麗にする時に使えるおすすめの掃除ポンプを紹介します。

Sponsored Links

水槽の底砂の掃除をする頻度の目安

水槽,底砂,掃除,頻度,おすすめ,ポンプ,画像水槽の底砂の掃除をする頻度は、水槽の大きさや飼育している熱帯魚の種類など、飼育状況によって異なりますが、大抵は、2~3ヶ月に1回の頻度で底砂の掃除をすることが一般的です。

たとえば、60m水槽にテトラやグッピーなどの小型の熱帯魚を20匹ほど飼育しているとします。水槽にはフィルターが設置してあり、水替えは水槽の3分の1の水を1週間に1回行っているとします。このような飼育状況であれば、水槽の底砂の掃除は2~3ヶ月に1回の頻度で良いでしょう。

ただし、コリドラスやクーリーローチなど、底砂を掘る熱帯魚を飼育している場合は、早めに底砂の掃除をしてあがる方が良いです。これらの魚は、水槽の最下層で暮らしているので、底砂が汚れていると体調を崩してしまうので注意が必要です。

水槽の底砂の掃除をする頻度の目安としては、コリドラスやクーリーローチが底砂を掘った時に、軽い汚れが水中で舞うようでしたら、底砂を掃除するタイミングです。飼い主さんが長い棒などで底砂を軽く掻き交ぜてみても、底砂の汚れ具合が分かると思います。

Sponsored Links

おすすめの掃除ポンプ

水作 プロホース エクストラ Mサイズ (x 1)

この商品は、水槽の底砂の汚れをポンプで吸い上げることで綺麗にするペット用品です。水槽を動かすことなく、水替えと底砂の掃除ができるのでとても便利です。

ポンプで吸い上げる力を調節することで、底砂と汚れの比重で、軽い汚れだけを吸い上げることができます。

ただし、ポンプの吸引力の調節にはコツがあり、作業に慣れるまでは、吸引力が強過ぎて底砂まで吸い取ってしまったり、吸引力が弱過ぎて上手くできなかったりすることがあるので、少し掃除ポンプを扱う練習が必要かもしれません。

Sponsored Links

水槽から吸い上げられた汚水は、付属のチューブを通り、水槽よりも下方に置いたバケツに排水されます。排水が流れない時は水槽とバケツの高低差をつける良いでしょう。

チューブを流れる水の量は、チューブを摘まむことで調節します。専用のクリップが付いていますが、直接指で摘まんで流量をコントロールしても良いです。この調節が掃除ポンプの使い方のポイントになります。

Sponsored Links

おすすめの記事

熱帯魚の卵/稚魚を隔離する際に使えるおすすめの産卵箱

クーリーローチが暴れる理由!ドジョウの仲間は夜行性?

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

犬が急に家の中を走り回る原因は?突然落ち着きがない理由とは?

猫が頭や体をこすりつける理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール